■ 氏名
益本 俊郎 (マスモト トシロウ)
MASUMOTO Toshiro

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Agriculture Unit/Professor
教育研究部 自然科学系 農学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Agriculture and Marine Science, Department of Marine Resource Science, Aquaculture Course
農林海洋科学部 海洋資源科学科 海洋生物生産学コース

■ 連絡先
住 所
電 話088-864-5159
F A X
E-Mailtosh●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等

■ 出身学校・専攻等

■ 取得学位
学術博士 (課程) ワシントン大学 水産学一般
水産学修士 (課程) 鹿児島大学 水産学一般

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴
環境負荷低減技術開発事業検討委員会委員 平成16年ー18年
持続的養殖生産・供給推進委託事業検討会委員 平成19年

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本水産学会
 ( 国内)
日本水産増殖学会
 ( 国内)
日本ビタミン学会
 ( 国内)
日本比較生理生化学会
 ( )

■ 専門分野
魚類栄養飼料学
魚類生理生化学

■ 主な研究テーマ・活動
養殖魚(ブリ、マダイ、カンパチ、ヒラメなど)を健康に育てることができる餌や飼育技術について魚の立場に立って研究しています。たとえば、無理なく消化吸収ができる餌の物性やそれぞれの魚の種類に適した栄養バランスを魚の調べたり、ストレス負荷を軽減できるようなサプリメントについて探しています。マグロやウナギの餌にもチャレンジします。
また、魚が人工的な飼育環境で受けるストレスの強さを調べ、より良い飼育環境や給餌方法を考えることと、栄養素などを強化してストレスや病気に強い魚を育てます。

■ 研究についてのPR
魚は栄養価が高くヘルシーな食べ物ですが、肉に比べ割高感があるのが難点です。そこでもっと身近に魚を食べてもらおうと思い、魚の養殖について研究しています。中心は魚の食(餌)と住(飼育環境)についてです。私たちの研究では、魚に適した飼料を工夫して考え、その餌で実際に魚を飼育してその結果で餌の良し悪しを判断します。もちろん外見だけでは良くわからない場合が多いので、魚の体の血液や組織成分を分析したり、酵素や遺伝子の発現を調べたりして、飼料栄養素の効果を判定します。もちろん味も大切ですね。これらの結果を参考にして、実用可能な飼料の開発につなげます。最近では、できるだけ環境を汚さない餌(環境負荷低減飼料)や今まで利用されていなかった水産加工副産物を使った飼料の開発もしています。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
魚のからだをみてみよう
私たちが食べている養殖魚の話
消化酵素の実験

■ 研究業績(論文・解説)
ニジマスにおけるパントテン酸欠乏の検出
  () 124/, 430-435 1994 (学術雑誌)

ブリ稚魚飼料に対する大豆油粕の配合
 日本水産学会誌 () 58/, 1319-1325 1992 (学術雑誌)

ハマチに対する大豆油粕栄養価の加熱時間に伴う変化
 日本水産学会誌 () 58/, 1351-1359 1992 (学術雑誌)

ブリ飼料における魚粉の代替タンパク質源
 日本水産学会誌 () 59/, 137-143 1993 (学術雑誌)

発酵処理による大豆油粕配合飼料の栄養価の向上
 水産増殖 () 41/, 113-117 1993 (学術雑誌)

ブリ幼魚における加熱および無加熱大豆油粕の消化と血清成分の経時変化
 日本水産学会誌 () 60/, 95-99 1994 (学術雑誌)

ブリ幼魚における大豆油粕配合モイストペレット飼料の消化と血清成分の経時変化
 水産増殖 () 43/, 185-190 1995 (学術雑誌)

ブリ飼料に対する大豆油粕、麦芽たん白およびミートミールの併用添加
 日本水産学会誌 () 62/, 243-247 1996 (学術雑誌)

ブリ幼魚の成長、飼料効率および体成分に及ぼす飼料大豆油粕の影響
  () 15/, 43-50 1995 (大学・研究所等紀要)

ブリ幼魚の成長、飼料効率および体成分に及ぼす大豆油粕飼料の脂質含量の影響
  () 15/, 51-57 1995 (大学・研究所等紀要)

ブリ飼料の魚粉代替源 8.各種餌飼料の消化過程.
 養殖 () 32/7, 74-76 (大学・研究所等紀要)

飼料の形態および組成がブリの消化過程に及ぼす影響
 くろしお特別号 () /10, 21-25 1996 (大学・研究所等紀要)

ブリ稚魚におけるエネルギー要求および分配率
  () 17/, 79-87 1997 (大学・研究所等紀要)

ブリにおける魚粉代替タンパク質の利用
 養殖 () /8月, 66-68 1998 (その他)

ブリの消化速度を解析する
 アクアネット () /10月, 49-51 1998 (その他)

ニジマスにおけるビタミB2欠乏診断のための組織リボフラビン濃度測定の有用性
 水産増殖 () 47/, 397-401 1999 (学術雑誌)

ブリ実用飼料の利用性に及ぼす飼料形態の影響
 日本水産学会誌 () 65/, 866-871 1999 (学術雑誌)

インスリンおよびグルコースの投与に対するコイ肝膵臓の酵素活性ならびに代謝中間体濃度の応答
 日本水産学会誌 () 65/, 896-900 1999 (学術雑誌)

ビタミン
 養殖 () 臨時増刊/, 14-18 2000 (その他)

ブリ稚魚飼料に対するフェザーミールの配合
 水産増殖 () 48/, 99-104 2000 (学術雑誌)

ブリのコーングルテンおよび大豆タンパク質利用性に及ぼすアミノ酸補足の影響
 水産増殖 () 49(3), 369-375/, 2001 (学術雑誌)

環境への負荷軽減を考えた代替タンパク質の利用
 養殖 緑書房 () /, (その他)

ブリ飼料に対する魚粉代替源の併用配合およびアミノ酸補足
 水産増殖 () 49(3), 383-388/, 2001 (学術雑誌)

Comparison of corn gluten meal and fish meal digestion in yellowtail (Serioa quinqueradiata) by in vivo and in vitro approaches.Kofuji P.Y.M., Michihiro Y., Hosokawa H. and Masumoto T.
 Suisanzosyoku () 52, 271-277/, 2004 (学術雑誌)

Trypsin restoration time in the pyloric caeca of yellowtail Seriola quinqueradiata. Murashita K., Kubota S. Kofuji P.Y.M., Hosokawa H. and Masumoto T.
 Fisheries Science () 71, 1272-1277/, 2005 (学術雑誌)

Seasonal changes in proteolytic enzymes of yellowtail Seriola quinqueradiata (Temminck & Schlegel; Carangidae) fed extruded diets containing different protein and energy levels. Kofuji, P.Y.M., Akimoto, A., Hosokawa H. and Masumoto T.
 Aquaculture Research () /, 2005 (学術雑誌)

Effect of dietary supplementation with feeding stimulants on yellowtail Seriola quinqueradiata (Temminck & Schlegel; Carangidae) protein digestion at low water temperatures.
 Aquaculture Research (Kofuji P.Y.M., Hosokawa H. and Masumoto T.) 37/366-373, 2006 (学術雑誌)

Cholecystokinin and peptide Y in yellowtail (Seriola quinqueradiata): Molecular cloning, real-time quantitative RT-PCR, and response to feeding and fasting.
 General and Comparative Endocrinology (Murashita K., Fukada H., Hosokawa H. and Masumoto T.) 145/, 696-703 2006 (学術雑誌)

Optimum digestible protein and energy levels and ratio for greater amberjack Seriola dumerili (Risso) fingerling.
 Aquaculture Research (Fumiaki Takakuwa, Haruhisa Fukada, Hidetsuyo Hosokawa, Toshiro Masumoto) 37/, 1532-1539 2006 (学術雑誌)

Availability of poultry by-product meal as an alternative protein source for fish meal in diet for greater amberjack (Seriola dumerili).
 Aquaculture Science (Suisanzosyoku) (Fumiaki Takakuwa, Haruhisa Fukada, Hidetsuyo Hosokawa, Toshiro Masumoto) 54/, 473-480 2006 (学術雑誌)

Effect of phytase with inorganic phosphorus supplement diet on nutrient availability of Japanese flounder (Paralichthys olivaceus).
 Aquaculture Science (Suisanzosyoku) (Pallab Kumar Sarker, Haruhisa Fukada, Hidetsuyo Hosokawa and Toshiro Masumoto) 54/, 391-398 2006 (学術雑誌)

Effect of dietary immunostimulants on some innate immune responses and disease resistance against Edwardsiella tarda infection in Japanese flounder (Paralichthys olivaceus).
 Aquaculture Science (Suisanzosyoku) (Galind-Villegas, J. H. Fukada, T. Masumoto and H. Hosokawa) 54/, 153-162 2006 (学術雑誌)

Effect of continuous and interval administration of peptidoglycan on inate immune response and disease resistance in Japanese flounder Paralichthys olivaceus.
 Aquaculture Science (Suisanzosyoku) (Galind-Villegas, J. T. Masumoto and H. Hosokawa) 54/, 163-170 2006 (学術雑誌)

Effects of exogenous cholecystokinin and gastrin on the secretion of trypsin and chymotrypsin from yellowtail (Seriola quinqueradiata) isolated pyloric caeca.
 Comp. Biochem. Physiol. A (Kofuji, P.Y.M., Haruhisa Fukada, Hidetsuyo Hosokawa and Toshiro Masumoto) 146/, 318-325 2007 (学術雑誌)

Changes in Cholecystokinin and peptide Y gene expression with feeding in yellowtail (Seriola quinqueradiata) relation to pancreatic exocrine regulation.
 Comp. Biochem. Physiol. B (Koji Murashita, Haruhisa Fukada, Hidetsuyo Hosokawa and Toshiro Masumoto) 146/, 124-130 2007 (学術雑誌)

Suitable fecal collection technique for determining apparent phosphorus availability in yellowtail (Seriola quinqueradiata).
 Aquaculture Science (Suisanzosyoku) (in press) (Pallab Kumer Sarker, Haruhisa Fukada and Toshiro Masumoto) /, 2007 (学術雑誌)

消化酵素の量からブリの給餌間隔を考える
 アクアネット () 2/, 31-33 2005 (その他)

飼料の吸収効率を上げるために
 養殖 (益本俊郎) 8/, 18-20 2005 (その他)

魚種別にみた消化吸収の違い
 養殖 (益本俊郎) 8/, 24-27 2005 (その他)

養殖魚の消化吸収における消化酵素の働き
 アクアネット (益本俊郎・深田陽久) 6/, 32-35 2006 (その他)

Nutrient control of release of pancreatic enzymes in yellowtail (Seriola quinqueradiata): Involvement of CCK and PY in the regulatory loop
 Comp. Biochem. Physiol. A (Koji Murashita, , Haruhisa Fukada, Ivar Ronnestad, Tadahide Kurokawa and Toshiro Masumoto) 150/, 438-443 2008 ()

Replacement of dietary fish oil with olive oil in young yellowtail Seriola quinqueradiata: effects on growth, muscular fatty acid composition, and prevention of dark muscle discoloration during refrigerated storage.
 Fisheries Science (Ayumi Seno-o, Fumiaki Takakuwa, Tomomi Hashiguchi, Katsuji Morioka, Toshiro Masumoto and Haruhisa Fukada) 74/6, 1297-1306 2008 ()

ブリ(当歳魚)の成長と脂質代謝における色落ちノリ添加試料の効果
 日本水産学会誌 (深田陽久、田所大二、古谷尚大、好井覚大、森岡克司、益本俊郎) 75/1, 64-69 2009 ()

Effects of dietary phosphorus level on non-faecal phosphorus excretion from yellowtail (Seriola quinqueradiata Temminck & Schlegel) fed purified and practical diets
 Aquaculture Research (Pallab Kumer Sarker , Shuichi Satoh , Haruhisa Fukada and Toshiro Masumoto) 40/, 225-232 2009 ()

Molecular characterization, tissue distribution patterns and nutritional regulation of IGFBP-1, -2, -3 and -5 in yellowtail, Seriola quinqueradiata
 General and Comparative Endocrinology (Fiona L. Pedroso, Haruhisa Fukada, Toshiro Masumoto) 161/, 344 ()

Phosphorus availability from inorganic phosphorus sources in yellowtail (Seriola quinqueradiata Temminck and Schlegel)
 Aquaculture (Pallab Kumer Sarker, Haruhisa Fukada, Toshiro Masumoto) 289/, 113-117 (学術雑誌)

In vivo and in vitro effect of recombinant salmon growth hormone treatment on IGF-I and IGFBPs in yellowtail Seriola quinqueradiata
 Fisheries Science (Fiona L. Pedroso A Haruhisa Fukada A Toshiro Masumoto) 75/, 887-894 2009 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
Nutrient requirements and feeding of finfish for aquaculture (eds. Carl D. Webster and Chhorn Lim). 著者:Toshiro Masumoto “Yellowtail, Seriola quinqueradiata”の章(2002)
 出版社:CAB International, UK.

Freshwater Ecosystems and Aquaculture Research(2009)
 出版社:Nova Science Publishers, Inc
 ISBN:978-1-60741-707-1

■ 研究業績(口頭・ポスター)
発酵とタウリン添加がブリの脂質消化と成長に及ぼす影響 (日本水産学会 春季大会 2010 口頭発表)

飼料原料がブリの消化管ホルモンと消化酵素の遺伝子発現量に及ぼす影響 (日本水産学会 春季大会 2010 口頭発表)

ブリインスリン様成長因子-I(IGF-I) の栄養条件に対する応答 (日本水産学会 春季大会 2010 口頭発表)

ノリ添加飼料がマダイ肝膵臓の遺伝子発現に及ぼす影響 (日本水産学会 春季大会 2010 口頭発表)

飼料中のタンパク質含量がクエ稚魚の成長成績および飼料利用性に及ぼす影響 (日本水産学会 春季大会 2010 口頭発表)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)
海面養殖業ゼロエミッション推進対策調査事業()受託研究等


前ページへ戻る