■ 氏名
村井 正之 (ムライ マサユキ)
MURAI Masayuki

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Agriculture Unit/Professor
教育研究部 自然科学系 農学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Agriculture and Marine Science, Department of Agriculture, Forestry, Bioresource and Environmental Sciences
農林海洋科学部 農林資源環境科学科

■ 連絡先
住 所
電 話088-864-5120
F A X088-864-5200 (共用 庶務係着 村井宛て)
E-Mailmuraim●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
北海道大学 博士(農学研究科 農学) 1983 ()

■ 出身学校・専攻等
北海道大学 (農学部 農学科) 1977 ()

■ 取得学位
博士(農学) (課程) 北海道大学

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本育種学会
 ( 国内)
日本作物学会
 ( 国内)
SABRAO(アジア大洋州育種学会)
 ( 国外)

■ 専門分野
育種学。植物遺伝学。

■ 主な研究テーマ・活動
・良食味、極早生、短稈(背の低い)の稲品種の開発(新品種‘ヒカリッコ’)。
・中生(なかて)の極多収・良食味の稲品種の開発。
・パンやケーキの原料とするための米粉用の極多収稲品種の開発。
・地球温暖化に対処するための極晩生稲品種の開発。
・インド型稲(外米、タイ米の仲間)で、10a当り900 kg(玄米15俵)の収量を目標とする極多収品種の育成。
・鮮やかな赤色葉や白色葉を有する美しい観賞用の稲品種の開発。
・手のひらサイズの極矮性の観賞用稲品種の開発。
・稲の収量性に関する遺伝・育種学的研究。
・稲の早晩性の遺伝・育種学的研究。
・稲の耐冷性の遺伝・育種学的研究。

■ 研究についてのPR
育種学とは、品種改良(栽培植物の遺伝的な改良)についての科学的体系であり、農学の最も重要な分野です。当研究室では、稲の収量(たくさんとれる)や耐冷性(冷害に強くする)等の形質に係わる遺伝子の作用を研究しておりますが、平行して、実際に品種改良を行っています。下記 I.〜IV.のような品種を育成しています。2010年4月から高知県の産地品種銘柄になりました。
I.コシヒカリ並の良食味、短稈で極早生(コシヒカリより8日程度早生、あきたこまちよりヤヤ早生)の新品種‘ヒカリッコ’を育成しました。‘ヒカリッコ’は、コシヒカリに短稈遺伝子(sd1-r、第6染色体に座乗)と早生遺伝子を導入した同質遺伝子系統です。コシヒカリより20〜24cm短稈(背丈が低い)なので、倒伏に強い。耐冷性は極強。台風が多くて倒伏しやすい高知県をはじめとする西南暖地の早期栽培に適するのみならず、東北地方の早生品種としても有望です。
II.気候温暖化に対応した、ヒノヒカリより半月程度出穂の遅い極晩生の多収系統 村井79号(仮称、品種候補)を育成しました。この系統は、高知県の普通期栽培では9月1日前後の出穂ですので、涼しくなってからの登熟となり、乳白、背白などの高温障害米の発生が少ない。Ur1という穂を大きくする遺伝子(第6染色体)を持っていますので、上手に栽培すれば10a(反)当り800 kg(約13俵)の多収が可能です。食味は、やや粘りの少ないアッサリ系ですが、美味しい。
III.Ur1遺伝子を有して穂が大きく多収な村井3321(仮称、品種候補)を育成しました。飯米の味はコシヒカリに似ており、しかも食感がコシヒカリより柔らかいので、極めて良食味です。この系統は、高知県では、中生の早(コシヒカリより4日程度晩生)で、早期栽培のみならず、野菜の後作などの普通期栽培に適します。関東では、‘朝の光’なみの中生です。
IV.米粉用(パン・製菓原料、麺類の原料、蒲鉾など練製品原料)、および、飼料米(畜産農家向け)として、Ur1遺伝子を有する日本型稲の極多収品種を開発中。
V.インド型稲(外米、タイ米の仲間)で、10a当り900 kg(玄米15俵)の収量を目標とする極多収品種を育成しつつあります。出穂期は、極晩生。休耕田を有効利用するため、米粉用の品種として、利用できないかと考えております。
VI.稲の葉緑体突然変異遺伝子のうちの1つであるst1遺伝子は、葉に白い縦縞を生じます。村井は、葉にアントシアン(赤色系の色素)を生成させる3つの遺伝子(C、A、Pl)とst1遺伝子を組み合わせることにより、葉が鮮やかな赤色(白地に赤)になることを見いだしました(特許第4489233号「赤紫または赤色の葉を有する稲及びその作成方法」)。この新技術を応用して、葉色が鮮やかな赤色になる観賞用稲品種を世界で初めて育成することに成功しました(品種登録済み)。この品種‘エムエムコメットピンキー’や‘は、苗物として商品化されました。さらに、手のひらサイズの極矮性品種‘コメットベビーピンキー’(赤色葉)、‘コメットベビーホワイティ’(白色葉)や‘コメットベビーグリーン’(緑色葉)を品種登録しました(または出願中)。

追記
他大学(高知大学以外)からの、修士課程受験希望者も歓迎します。E-メール等でご一報ください。アパート賃貸料も都会より安価です。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)

■ 研究業績(論文・解説)
Differentiation in wild-type allele of the sd1 locus concerning culm length between indica and japonica subspecies of Oryza sativa (rice)
 Hereditas (MASAYUKI MURAI, HIRONORI NAGANO, KAZUMITSU ONISHI, ATSUSHI OGINO, NAOFUMI ICHIKAWA, HARI BAHADUR KC and YOSHIO SANO) Article first published online: 22 DEC 2010/, 2010 (学術雑誌)

Mapping of rice Ur1 (Undulated rachis-1) gene with effect on increasing spikelet number per panicle and sink size, and development of selection markers for the breeding by the use of Ur1.
 Hereditas (Katsunori Imai, Masayuki Murai, Yin Hao, Yuki Chiba, Ayano Chiba, Ryuji Ishikawa) 146/, 2009 (学術雑誌)

シカクマメ (Psophocarpus tetragonolobus (L) DC.)の養液栽培に関する研究.
 著者:西村安代,今城彰伸,福元康文,島崎一彦,村井正之 (農業生産技術管理学会誌) 14/, 192-197 2008 (学術雑誌)

‘コシヒカリ’に短稈性と早生性を導入した水稲新品種‘ヒカリッコ’.
 育種学研究 (著者:村井正之, 遠藤雄士 ) 8/, 183-189 2006 (学術雑誌)

Effects of Dwarfing Genes on Chilling Tolerance at Seedling Stage in Rice.
 Masayuki Murai, Hari Bahadur KC, Kazuo Ise, Tetsushi Yoshida, Kazushige Nishii (JARQ (Japan Agricultural Research Quarterly) ) 40/, 1-12 2006 (学術雑誌)

Yield-increasing effect of a major gene, Ur1 (Undulate rachis -1) on different genetic backgrounds in rice.
 Breeding Science (Masayuki Murai, Katsuya Nakamura, Mika Saito, Atsushi Nagayama, Kazuo Ise) 55/, 279-285 2005 (学術雑誌)

High-yielding japonica rice line carrying Ur1 (Undulate rachis -1) gene, a preliminary report.
 SABRO Journal of Breeding and Genetics (Masayuki Murai, Stanis Malangen, Katsuya Nakamura, Yasufumi Fukumoto, Shinji Matsumura) 37/, 51-54 2005 (学術雑誌)

Effects of sd1 and Ur1 (Undulate rachis -1) on lodging resistance and related traits in rice.
 Breeding Science (Masayuki Murai, Tomoaki Komazaki, Shigetoshi Sato.) 54/, 333-340 2004 (学術雑誌)

Yielding performance of a japonica rice F1 hybrid carrying Undulate rachis -1 (Ur1) gene under a high hill-density condition.
 SABRO Journal of Breeding and Genetics (Masayuki Murai, Atsushi Nagayama, Shigetoshi Sato, Hari Bahadur KC, Kazuo Ise, Kazushige Nishii) 36/, 39-43 2004 (学術雑誌)

Chronological change of yield ability and its related traits in rice varieties of Hokkaido.
 SABRAO Journal of Breeding and Genetics (Masayuki Murai, Toshiro Kinoshita) 35/, 135-143 2003 (学術雑誌)

High yielding F1 hybrid carrying Ur1 (Undulate rachis-1) gene in japonica rice.
 Breeding Science (Masayuki Murai, Atsushi Nagayama, Shigetoshi Sato, Hari Bahadur KC, Kazuo Ise, Tetsushi Yoshida) 53/, 263-269 2003 (学術雑誌)

Effect of the dwarfing gene d18-k on cool tolerance at booting stage under the genetic background of an extremely cool-tolerant rice line Norin-PL11, and its relation with water depth.
 Breeding Science (Masayuki Murai, Hari Bahadur KC, Tetsushi Yoshida) 53/, 237-244 2003 (学術雑誌)

Pleiotropic effect of the dwarfing gene d18-k on cool tolerance at booting stage under the genetic background of an extremely cool-tolerant line Norin-PL8 in rice.
 Plant Breeding (Masayuki Murai, Hari Bahadur KC, Naoya Gima) 122/, 410-415 2003 (学術雑誌)

Effects of a major gene Ur1 characterized by undulation of rachis branches on yield and its related traits in rice.
 Breeding Science (Masayuki Murai, Shigetoshi Sato, Atsushi Nagayama, Nobuyuki Ishii, Satomi Ihashi) 52/, 299-307 2002 (学術雑誌)

Effects of the dwarfing gene originating from ‘Dee-geo-woo-gen’ on yield and its related traits in rice.
 Breeding Science (Masayuki Murai, Itsuro Takamure, Shigetoshi Sato, Tomokazu Tokutome, Yasunaga Sato) 52/, 95-100 2002 (学術雑誌)

Effects of dwarfing genes at the sd1 locus on amylose and protein contents in milled rice.
 SABRAO Journal of Breeding and Genetics (Masayuki Murai, Wataru Kobayashi, Hiromasa Yokoyama, Motoharu Tateyama, Taisei Mikami, Kazuo Ise , Xiaoming Zhang, Shigetoshi Sato) 33/, 55-58 2001 (学術雑誌)

Allelic relationships and height effects of rice dwarfing genes from cvv. Dee-geo-woo-gen, Calrose 76 and Reimei determined in a constant genetic background.
 Masayuki Murai, Hiroyuki Yamamoto (SABRAO Journal of Breeding and Genetics) 33/, 21-30 2001 (学術雑誌)

Effect of d18-k, a dwarfing gene of rice, on cool tolerance at the booting stage under the genetic background of Norin-PL8, and its relation with water depth.
 ENVIRONMENT CONTROL IN BIOLOGY (Hari Bahadur KC, Masayuki Murai, Tetsushi Yoshida) 38/, 149-156 2000 (学術雑誌)

Relation between dwarfing genes and chilling injury at seedling stage in rice.
 ENVIRONMENT CONTROL IN BIOLOGY (Masayuki Murai, Hari Bahadur KC, Tetsushi Yoshida, Kazuo Ise) 38/, 135-147 2000 (学術雑誌)

稲の草型に係わる遺伝子の機能と形質表現に関する研究
 北海道大学農学部邦文紀要 (村井正之) 22/, 1-49 1999 (大学・研究所等紀要)

Effect of d-18k, one of the dwarfing genes of rice, on chilling tolerance at seedling stage.
 Proceedings of the Third Asian Crop Science Conference, Taichung, Taiwan (Hari Bahadur K.C., Masayuki Murai, Yuki Okayasu) /, 119 -133 1998 (学術雑誌)

Utility of Ur-1 for developing F1 rice cultivars.
 Proceedings of the International Symposium on Two-line System Heterosis Breeding in Crops , China National Hybrid Research and Development Center, Chansha, China (Masayuki Murai, Kazuo Ise, Shigetoshi Sato, Itsuro Takamure) /, 146-151 1997 (学術雑誌)

Effect of the dwarfing gene from Dee-geo-woo-gen and others on emergence ability under deep seeding condition in rice.
 Breeding Science (Masayuki Murai, Shigetoshi Sato, Kazuo Ise, Yasuo Semihira) 44/, 7-14 1995 (学術雑誌)

Effect of the dwarfing gene from Dee-geo-woo-gen on culm and internode lengths, and its response to fertilizer in rice.
 Breeding Science (Masayuki Murai, Noboru Shinbashi, Shigetoshi Sato, Kazuhiro Sato, Hajime Araki, Masaru Ehara) 44/, 7-14 1995 (学術雑誌)

北海道の水稲品種における穂形質の変異
 高知大学学術研究報告 (村井正之 ) 44/(農学), 1-9 1995 (大学・研究所等紀要)

Effects of major genes controlling morphology of panicle in rice.
 Breeding Science (Masayuki Murai, Masashi Iizawa) 44/, 247-255 1994 (学術雑誌)

イネにおける低脚烏尖に由来する矮性遺伝子ならびに他の数種の遺伝子が穂孕期の耐冷性に及ぼす作用
 日本育種学会 育種学雑誌 () 41/2, 241- 1991 (学術雑誌)

[総説] 1 Dwarfing gene and cool temperature tolerance.
 RICE BIOTECHNOLOGY QUARTERLY (funded by the Rockefeller Foundation, USA) (Masayuki Murai, Shohei Hirose, Shigetoshi Sato) 15/, 10-11 1993 (学術雑誌)

[Rice Genetics Cooperativeへのイネ遺伝子の登録] 1 Gene symbol registration No. 115. Gene symbol: sd1-r, sd1-d.
 Rice Genetics Newsletter () 20/5, 2003 ()

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)
赤紫または赤色の葉を有する稲及びその作成方法
 特許第4489233号

■ 研究業績(その他の活動)
[農林水産省への品種登録]登録品種の名称:「コメットベビーホワイティ」(観賞用稲品種),育成者および出願者:村井正之,出願日:2009年4月30日,出願番号:第23724号(2009)その他

[農林水産省への品種登録]出願品種の名称:「ヒカリッコ」(早期栽培用稲品種),育成者:村井正之,出願者:村井正之, 福井雅一,登録番号:第18110号,出願日:2005年9月21日,登録日:2009年3月19日(2005)その他

[農林水産省への品種登録]出願品種の名称:「コメットベビーグリーン」(観賞用稲品種),育成者および出願者:村井正之,登録番号:第16286号,出願日:2005年2月22日,登録日:2008年3月6日(2005)その他

[農林水産省への品種登録]出願品種の名称:「コメットベビーピンキー」(観賞用稲品種),育成者および出願者:村井正之,登録番号:第16285号,出願日:2005年2月22日,登録日:2008年3月6日(2005)その他

[農林水産省への品種登録]出願品種の名称:「コメットベビーアーリーグリーン」(観賞用稲品種),育成者:村井正之, 長谷部公三郎,出願者:村井正之,登録番号:第16284号,出願日:2005年2月22日,登録日:2008年3月6日(2005)その他

[農林水産省への品種登録]登録品種の名称:「エムエムコメットエレガントピンキー」(観賞用稲品種),育成者および出願者:村井正之,登録番号:第13866号,出願日:2003年3月24日,登録日:2006年3月9日(2003)その他

[農林水産省への品種登録]登録品種の名称:「エムエムコメットホワイトリーフ」(観賞用稲品種),育成者および出願者:村井正之,登録番号:第13865号,出願日:2003年3月24日,登録日:2006年3月9日(2003)その他

[農林水産省への品種登録]登録品種の名称:「エムエムコメットグリーン」(観賞用稲品種),育成者および登録者:村井正之,登録番号:第11839号,出願日:2001年3月6日,登録日:2004年3月9日(2001)その他

[農林水産省への品種登録]登録品種の名称:「エムエムコメットホワイティ」(観賞用稲品種),育成者および登録者:村井正之,登録番号:第11838号,出願日:2001年3月6日,登録日:2004年3月9日(2001)その他

[農林水産省への品種登録]登録品種の名称:「エムエムコメットピンキー」(観賞用稲品種),育成者および登録者:村井正之,登録番号:第11837号,出願日:2001年3月6日,登録日:2004年3月9日(2001)その他


前ページへ戻る