■ 氏名
松島 貴則 (マツシマ タカノリ)
MATUSHIMA Takanori

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Agriculture Unit/Lecturer
教育研究部 自然科学系 農学部門/講師

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Agriculture and Marine Science, Department of Agriculture, Forestry, Bioresource and Environmental Sciences
農林海洋科学部 農林資源環境科学科

■ 連絡先
住 所
電 話088-864-5126
F A X
E-Mailtakasan●cc.kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 卒業大学及び大学院等
高知大学農学部

■ 学位(種類)
学士

■ 所属学会
日本農業経済学会、日本農業経営学会、地域農林経済学会、日本フードシステム学会

■ 専門分野
農業経営学、農業経済学

■ 主な研究テーマ・活動
・ 施設園芸経営における労働力問題と農業サービスに関する研究
  農業労働力の不足・高齢化への対応策として、各種農業サービス事業体の機能・役割を調査分析しています。
・ 高知県下における(施設園芸地帯における)土地利用型農業の展開に関する研究
  高知県下、特に施設園芸地帯では、稲作を中心とする水田作の担い手として、地域営農集団(農業生産組織)の活動が低調です。その一方で、個別大規模経営の展開がみられます。その理由・要因について調査研究しています。

■ 研究についてのPR
高知県下の施設園芸地帯を中心に、上記研究テーマに沿った調査活動を行っています。
 これらの調査結果・研究成果が、地域農業の振興計画立案、振興計画に基づく各種事業の実施そして各種事業の評価の各段階で役立つものでありたいと思います。
 皆様方のご協力をお願い致します。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
<社会人を対象とした講演題目>
 ・「地域農業をとりまく環境変化と農業構造改革・農業振興」
 ・「農業分野における男女共同参画の課題」
<生徒を対象とした講演題目>
 ・「農業における暖業廃棄物・ゴミ処理問題」
 ・「野菜の生産から消費まで」

■ 研究業績
1 大規模施設野菜産地における出荷情報発信システムの再編方向−高知県安芸市における生産者参加型の出荷予測システムの検証を通して−
  農林業問題研究,40(1),220-224, 2004
著者:松島貴則,西井一成

2 農業支援の課題と展望
第3章「農業生産・販売過程の外部化と農業サービス」70-130,(株)養賢堂,2003
著者:石田正昭,小池恒男,佐々木市夫,辻井博編著,松島貴則 他14名共著

3 広域農道の地域農業にもたらす経済効果
  平成13年度広域農道事業多面的機能調査業務報告書,63-78,(財)日本農業土木総合研究所,2002
  著者:松島貴則

4 野菜集出荷場の統合が農家に及ぼす影響と農家の経営対応
  農林業問題研究,36(4),92-96,2001
  著者:松島貴則,上杉純広,西井一成

5 自動選別集出荷場施設導入による施設ナス産地の展開方向
高知県安芸市安芸地域連携協定構築特別調査診断書,1-41,(社)全国農業構造改善協会,2000
著者:松島貴則

6 土佐市新居地区の活性化について
  平成8年度農業構造改善地域連携支援コンサルタント活動実績報告書(高知県土佐市新居集落タイプ),5-23,(社)全国農業構造改善協会,1997
  著者:松島貴則

7 新しい素材技術を取り入れた稲・麦・大豆輪作技術体系とその経営経済的評価
  農林水産省四国農業試験場報告,59,49-107,1995
  著者:上村幸正,恒川磯雄,宮崎昌宏,吉永悟志,香西修治,松島貴則


前ページへ戻る