■ 氏名
河野 俊夫 (カワノ トシオ)
KAWANO Toshio

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Agriculture Unit/Professor
教育研究部 自然科学系 農学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Agriculture and Marine Science, Department of Agriculture, Forestry, Bioresource and Environmental Sciences
農林海洋科学部 農林資源環境科学科

■ 連絡先
住 所〒783-8502 高知県南国市物部乙200
電 話088-864-5132
F A X
E-Mailtkawano●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等

■ 出身学校・専攻等

■ 取得学位
農学修士 (課程) 九州大学 農業環境工学
博士(農学) (論文) 九州大学 農業環境工学

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞
日本食品保蔵科学会論文賞 (2007)

■ 所属学会
農業機械学会
 ( 国内)
AAAE(The Asian Association for Agricultural Engineering)
 ( 国外)
日本生物環境調節学会
 ( 国内)
日本調理科学会
 ( 国内)
日本食品保蔵科学会
 ( 国内)
日本食品科学工学会
 ( 国内)

■ 専門分野
生物生産システム学、施設生産工学 、植物工場工学、乾燥工学、貯蔵工学、流通工学

■ 主な研究テーマ・活動
農産物の加工・調製、流通技術に関する研究
特にこれらの技術に関わるシステム解析とシミュレーション
農産物の品質評価に関する研究
画像処理を主とする品質評価

■ 研究についてのPR
 生物を対象とするシステム解析は、工学分野とは異なり、一般にたいへん解析が難しい。数学的な1対1の対応とはならない生物という複雑系に対して、その性質を体系的に取り扱うためのシステム化、モデル化を行っている。単純なモデルからより高度で複雑なモデルへと改良を加えていく中で、次第に生物との関わり方について学ぶことができる。
 生物といえば生きているものだけというイメージだが、農産物は収穫されたとはいえ、その後も自己消耗の形で生き続けている。また、人の健康は死んだ農産物ではなく生きた農産物によって維持・向上するものであるから、農産物を生きたものとして取り扱い研究することに意義を感じている。
 食の安全は、この数十年の間に恐ろしいほどに脅かされている。見た目の良さを追求するあまり、生産の現場では大量の農薬が投与されてきた。その影響がじわじわと人の健康を脅かしている。これからの時代、食の安全を確保するために、食の安全管理としての品質評価が必要である。そのための技術を開発する研究を目指している。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
社会人対象
[題目]
「農産物の貯蔵」
[内容]
新鮮野菜を貯蔵している間にも営まれる農産物の生理特性である呼吸特性や、老化ホルモンであるエチレンの生成と農産物の腐敗との関係、また長期貯蔵に関しては、私たちの主食であるお米の保存に関して、乾燥技術がいかに大切であるのか、について紹介する。
高校生対象
[題目]
「お米のことを知っていますか?」
[内容]
私たちの主食であるお米は、米屋やスーパーに行けばすぐにでも手に入りますが、そのお米が手元に届くまでの間、どのような技術のもとで処理されているのか、知らない方も多いと思います。お米の水分は13〜14%に調整されていますが、なぜでしょうか?無洗米ってなんでしょうか?お米に関する知られざる日本の技術を紹介します。
小中学生対象
[題目]
「ごはんは好きですか?」
[内容]
皆さんの食卓に必ずある、ごはん。このごはんはお米を炊飯することでできるわけですが、どうして炊飯するのでしょうか。柔らかくしたいからだけでしょうか?炊飯前のお米をよく見たことがありますか?お米は田んぼで収穫された後、皆さんの口に入るまでの間、色々な処理をして美味しく仕上げられています。どんなことをしているのでしょうか?皆さんの知らないお米の秘密を紹介します

■ 研究業績(論文・解説)
シイタケの乾燥特性モデル解析
 植物環境工学,17(3) () /, 2005 (学術雑誌)

カンキツの動的貯蔵環境下での蒸散特性
 植物環境工学 () 17/1, 19-25 2005 (学術雑誌)

メチレンブルー溶液を利用した天然岩石の汚濁物質吸着能の推定
 農業施設 () 35/4, 221-228 2005 (学術雑誌)

黒米からのアントシアニン色素抽出特性
 植物環境工学 () 17/2, 84-89 2005 (学術雑誌)

シイタケの乾燥特性モデル解析
 植物環境工学 () 17/3, 144-149 2005 (学術雑誌)

氷蓄熱冷却式貯蔵庫による伊予柑の貯蔵とシステムの熱負荷特性の解析
 農業機械学会誌 () 67/5, 101-108 2005 (学術雑誌)

海洋深層水の冷熱源と鮮度保持剤を組み合わせたトマトの省エネルギー貯蔵法の提案
 植物環境工学 () 16/2, 63-70 2004 (学術雑誌)

空気湿度と気流に依存する蒸散要求度に対する気孔反応
 生物環境調節 () 42/4, 323-329 2004 (学術雑誌)

'土佐文旦'の栽培結果の予測と目標果実とするための栽培条件探索
 植物工場学会誌 () 16/3, 107-114 2004 (学術雑誌)

海洋深層水の冷熱源と鮮度保持剤を組み合わせたトマトの省エネルギー貯蔵法の提案
 植物工場学会誌 () 16/2, 63-70 2004 (学術雑誌)

外観情報に基づくトマトのゼリー量推定
 植物工場学会誌 () 15/4, 195-204 2003 (学術雑誌)

Stomatal response to wind on abaxial and adaxial surfaces of cucumber leaf under different humidity conditions
 Biotronics () 30,103-114/, 2001 (学術雑誌)

収穫後姿勢が青果物の呼吸特性に与える影響
 農業機械学会九州支部誌 () /48, 41-46 1999 (学術雑誌)

動的ガス環境におけるキュウリ果実の呼吸特性-呼吸抑制要因の分析-
 農業機械学会九州支部誌 () /48, 35-40 1999 (学術雑誌)

キュウリ果実の呼吸に及ぼす酸素濃度変化の影響
 農業機械学会九州支部誌 () /48, 27-33 1999 (学術雑誌)

MA段ボール箱による野菜の鮮度保持と箱内ガス濃度予測-ブロッコリの場合-
 農業機械学会誌 () 60/1, 37-44 1998 (学術雑誌)

Storage of Fresh Lettuce in Closed System without Oxygen Gas Supply
 Proceedings of 1997 American Society of Agricultural EnGineering () /, 996103 1997 (その他)

Evlauation of Freshness and Prediction of Gas Concentration of Brocolli in MA Corrugated Cardboard
 Proceeding of 1997 Fall Overseas Symposium, The Society of Agricultural Structures, Japan () /, 25-28 1997 (その他)

Drying of Rough Rice by Mixing with Powdery Adsorbent
 Proceedings of 1997 Fall Overseas Symposium, The Society of Agricultural Structures, Japan () /, 13-16 1997 (その他)

収穫後のトマトの生体電位計測
 農業機械学会九州支部誌 () /46, 47-50 1997 (学術雑誌)

吸湿体による穀物の混合貯留乾燥に関する研究
 農業機械学会九州支部誌 () /46, 36-41 1997 (学術雑誌)

赤外線ガス分析計による籾・小麦の呼吸特性の測定
 農業機械学会誌 () 58/6, 21-29 1996 (学術雑誌)

籾のマイクロ波乾燥に関する基礎的研究
 農業機械学会誌 () 58/6, 13-19 1996 (学術雑誌)

MA段ボール箱によるブロッコリの鮮度保持と容器内ガス濃度の予測
 農業機械学会九州支部誌 () /45, 36-40 1996 (学術雑誌)

穀物の減圧加熱乾燥特性
 農業機械学会九州支部誌 () /45, 31-35 1996 (学術雑誌)

Respiration Characteristics of Cereal Grains and Optimum Drying Process
 Proceedings of International Symposium on Automation and Processing () 3/125-132, 1995 (その他)

マイクロ波による農産物の解凍に関する基礎研究
 農業機械学会九州支部誌 () 44,51-54/, 1995 (学術雑誌)

液体窒素による大豆の急速凍結
 農業機械学会誌 () 56/3, 29-37 1994 (学術雑誌)

籾のマイクロウェーブ乾燥法に関する基礎研究(第1報)
 農業機械学会九州支部誌 () /43, 52-55 1994 (学術雑誌)

穀物の呼吸特性(第3報)
 農業機械学会九州支部誌 () /43, 64-67 1994 (学術雑誌)

液体窒素による大豆急速凍結時の沸騰熱伝達率の推定
 農業機械学会九州支部誌 () /42, 73-79 1993 (学術雑誌)

穀物の呼吸特性(第2報)
 農業機械学会九州支部誌 () /42, 61-67 1993 (学術雑誌)

単層大豆の乾燥特性
 農業機械学会誌 () 55/1, 51-56 1993 (学術雑誌)

水浸時の精白米の裂傷に関する研究
 農業機械学会誌 () 54/1, 67-72 1992 (学術雑誌)

禾穀類穀物の呼吸特性
 農業機械学会九州支部誌 () /40, 61-65 1991 (学術雑誌)

混合貯留法に関する総合的研究(I)-大麦
 農業施設学会誌 () 22/1, 1991 (学術雑誌)

穀物粉体の乾燥特性
 農業機械学会誌 () 53/2, 1991 (学術雑誌)

貯留穀物の水分分布変動の予測
 農業機械学会九州支部誌 () 39,27-32/, 1990 (学術雑誌)

ソバの乾燥特性の測定
 農業機械学会誌 () 52/3, 1990 (学術雑誌)

混合穀物の水分移動シミュレーション
 農業機械学会誌 () 51/4, 1989 (学術雑誌)

示差熱分析(DTA)による穀物の熱変性の測定
 農業機械学会誌 () 51/3, 1989 (学術雑誌)

大豆の乾燥特性
 農業機械学会九州支部誌 () /38, 41-45 1989 (学術雑誌)

超高速テンパリング乾燥実現のための一考察
 農業機械学会九州支部誌 () 38,37-40/, 1989 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る