■ 氏名
大坪 義夫 (オオツボ ヨシオ)
OTSUBO Yoshio

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Science and Technology Unit/Professor
教育研究部 自然科学系 理工学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
その他

■ 連絡先
住 所
電 話088-844-8268
F A X
E-Mailohtsubo●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等

■ 出身学校・専攻等

■ 取得学位
理学博士 (論文) 九州大学 数学一般(含確率論・統計数学)

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本数学会
 ( )
日本オペレーションズ・リサーチ学会
 ( )

■ 専門分野
確率最適化理論,マルコフ決定過程論,最適停止理論

■ 主な研究テーマ・活動
非線形評価関数を伴うマルコフ決定過程と最適停止問題に関する研究と数理ファイナンスへの応用

■ 研究についてのPR
「確率過程」とは,時間とともに刻々と変化する「株価」などのように,時間とともに変動する確率的現象を数学的に表現したものである.そのような確率的現象において,個人として,または組織として,どのようにすればより良くなるか,という意志決定を下すために,有効な方法などを提示する最適性の理論と呼ばれている分野を数学的に研究している.

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
確率・統計入門
確率過程論入門
確率の歴史
最適化理論入門
ゲーム理論入門

■ 研究業績(論文・解説)
Stochastic shortest path problems with associative accumulative criteria
 Applied Mathematics and Computation () 198/, 198-208 2008 (学術雑誌)

Markov decision processes with a target set for minimum criteria
 International Transactions in Operational Research () Vol.14/, 509-520 2007 (学術雑誌)

Multistage Markov decision processes with minimum criteria of random rewards
 Bulletin of Informatics and Cybernetics (Yoshio Ohtsubo) 38/, 15-25 2006 (学術雑誌)

Equivalence classes for optimizing risk models in Markov decision processes
 Mathematical Methods of Operations Research () Vol.60, No.2, 239-250/, 2004 (学術雑誌)

Optimal threshold probability in undiscounted Markov decision processes with a target set
 Applied Mathematics and Computation () Vol.149, 519-532/, 2004 (学術雑誌)

Risk minimization in optimal stopping problem and applications
 Journal of Operations Research Society of Japan () V0l.46, 342-352,/, 2003 (学術雑誌)

Minimizing risk models in stochastic shortest path problems
 Mathematical Methods of Operations Research () Vol.57, No.1, 79-88/, 2003 (学術雑誌)

Value iteration methods in risk minimizing stopping problem
 Journal of Computational and Applied Mathematics () Vol.152/, 427-439 2003 (学術雑誌)

Optimal policy for minimizing risk models in Markov decision processes (with K. Toyonaga)
 J. Mathematical Analysis and Applications () 271/, 66-81 2002 (学術雑誌)

The values in Dynkin stopping problem with th some constraints
 Mathematica Japonica () 51/1, 75-81 2000 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る