■ 氏名
岩井 雅夫 (イワイ マサオ)
IWAI Masao

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Science and Technology Unit/Professor
教育研究部 自然科学系 理工学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Center for Advanced Marine Core Research
海洋コア総合研究センター

■ 連絡先
住 所高知市曙町2-5-1 高知大学理学部
電 話
F A X
E-Mail
U R Lhttp://sc1.cc.kochi-u.ac.jp/~iwaim/

■ 出身大学院・研究科等
東北大学 博士(理学研究科 地学(地質)) 1993 (修了)

■ 出身学校・専攻等
東北大学 (理学部 地学) 1987 (卒業)

■ 取得学位
博士(理学) (課程) 東北大学 層位・古生物学

■ 研究職歴
1993-1995 海洋科学技術センター 深海研究部


■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞
第43回科学技術映像祭 内閣総理大臣賞受賞(日本科学技術振興財団・    (財)日本科学映像協会・(社)映像文化製作者連盟・    (財)つくば科学万博記念財団) (2002)
第12回TEPIAハイテク・ビデオ・コンクール(主催:TEPIA・財団法人 機械産業    記念事業財団),最優秀賞-映像文化製作者連盟会長賞受賞 (2002)

■ 所属学会
日本地質学会
 ( 国内)
日本古生物学会
 ( 国内)
日本珪藻学会
 ( 国内)
米国地球科学連合(American Geophysical Union(AGU))
 ( 国外)
国際珪藻学会(International Society of Diatom Research)
 ( 国外)

■ 専門分野
層位学・微古生物学・海洋地質学

■ 主な研究テーマ・活動
新生代の珪藻化石層序と古海洋・南極氷床発達史
変動帯海洋生態系の成立とその進化

■ 研究についてのPR

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
・南極の話:南極上陸2年連続3時間・・・
・微化石の話:顕微鏡下の宇宙
・深海の話:深海3752mにいきる
・地震の話:南海地震を海底コア試料から読む
・地質の話:ジオパークの正しい活用法

■ 研究業績(論文・解説)
室戸沖南海トラフ陸側斜面の土佐碆海盆より得られた完新世地震性タービダイト:KR9705P1の例
 地質学論集(日本地質学会) () 58,137-152/, 2004 (学術雑誌)

総特集「南海トラフの生物と地質-化学合成生態系の形成とその進化-」
 月刊海洋(海洋出版) () 395/, 2003 ()

Magnetobiochronologic Synthesis of ODP Leg 178 rise sediments form the Pacific sector of the Southern Ocean: Sites 1095, 1096 and 1101.
 Proc. ODP, Sci. Results () 178/, 2002 ()

Neogene diatoms from the west Antarctic Peninsula: Ocean Drilling Program Leg 178
 Proc. ODP, Sci. Results () 178/, 2002 ()

Neogene diatom biostratigraphy, Antarctic Peninsula Pacific margin, ODP Leg 178 rise sites.
 Proc. ODP, Sci. Results () 178/, 2002 ()

Calcareous nannofossils, pollen, and spores from Leg 178 Sites 1095, 1097, 1100, and 1103, western Antarctic Peninsula: age constraints and environmental implictions
 Proc. ODP, Sci. Results () 178/, 2001 ()

室戸沖南海トラフ海底長期観測ステーション周辺の曳航体カメラ観察:K96-09航海の結果(共著)
 海洋科学技術センターJAMSTEC深海研究 () /13, 521-533 1997 ()

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)
Integrated Ocean Drilling Program (IODP) Expedition 318 (Wilkes Land Ice History), Diatom Paleontologist (2010)フィールドワーク

Ocean Drilling Program (ODP) Leg 202 (SE Pacific paleoceanography), paleontologist (diatom)(2002)フィールドワーク

第14次イタリア南極観測隊(1999)フィールドワーク

Ocean Drilling Program (ODP) Leg 178 (Antarctic Peninsula), paleontologist (diatom)(1998)フィールドワーク

室戸沖南海トラフ域における海底変動と生物物質循環(1997-1999)受託研究等


前ページへ戻る