■ 氏名
近藤 康生 (コンドウ ヤスオ)
KONDO Yasuo

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Science and Technology Unit/Professor
教育研究部 自然科学系 理工学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Science and Technology
理工学部 生物科学科

■ 連絡先
住 所
電 話
F A X
E-Mailykondo●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://sc1.cc.kochi-u.ac.jp/~ykondo/

■ 出身大学院・研究科等
東京大学 博士(理学系研究科 地質学) 1987 (修了)

■ 出身学校・専攻等
静岡大学 (理学部 地球科学科) 1982 (卒業)

■ 取得学位
理学博士 (課程) 東京大学 層位・古生物学
理学修士 (課程) 東京大学 動物生理・行動

■ 研究職歴
1987-1988 日本学術振興会 特別研究員
1988-1991 千葉県立中央博物館 学芸員


■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本古生物学会
 ( 国内)
日本地質学会
 ( 国内)
日本貝類学会
 ( 国内)
日本ベントス学会
 ( 国内)
日本第四紀学会
 ( 国内)
Society of Sedimentary Geology
 ( 国外)
Paleontological Society
 ( 国外)

■ 専門分野
古生物学,特に二枚貝を中心とする海洋底生無脊椎動物の古生態学

■ 主な研究テーマ・活動
二枚貝類の進化古生態学、現代型進化動物相の形成史復元 ,などに関する研究を進めるほか,化石の採集会や観察会・講座の講師を担当するなど,古生物学の教育・普及活動にも取り組んでいる.

■ 研究についてのPR
ものごとは,過去の由来にさかのぼってはじめてその本質が理解できることが多い.地球環境や生態系・生物群集も同じである.この視点に立ち,地層と化石に関する緻密なフィールドワークに基づいて,地質時代の生物群集とその生息地の復元を進めている.沿岸域の環境と生物群集の多様化の歴史を,国内外の広範なフィールドワークと標本観察に基づいて理解することをめざしている.こうした研究の結果,海洋では,白亜紀中頃から古第三紀にかけて,現代型の生物相が形成されたことが明らかとなりつつある.

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
「地球環境と海洋生物群集の由来:2億年の地球史と生命史」「二枚貝とその進化史:形と生活様式の変遷」など

■ 研究業績(論文・解説)
化石層の形成,タフォノミー.鎮西清高・植村和彦(編)
 [古生物の科学(第5巻),地球環境と生命史],朝倉書店,東京 (共著 ) /, 1-29 2004 (学術雑誌)

ニオガイ科二枚貝の機能形態と穿孔基底の関係
 化石(73) (共著 ) /, 5-19 2003 (学術雑誌)

Substrate preferences and burrowing ability of Donacidae and Mesodesmatidae (Bivalvia) on beaches of southwest Japan.
 Venus (Japanese Journal of Malacology), 60 (1-2) (共著 ) /, 57-69 2001 (学術雑誌)

新生代の二枚貝類にみる生活様式と生息地の多様化
 生物科学,53 (共著 ) /, 158-163 2001 (学術雑誌)

化石密集層の形成様式と堆積シーケンス-化石密集層は堆積シーケンス内でどのように分布するのか-
 地質学論集 () /54, 7-28 1999 (学術雑誌)

急速埋没によって形成されたセンサス化石群とその認定:内生二枚貝類の「逆転姿勢」をおもな手がかりとして
 地質学論集 () /54, 85-98 1999 (学術雑誌)

中期白亜紀の汽水性貝類群の古生態-御所浦層群における貝類群集の種組成と多様度-
 高知大学学術研究報告 () 47/, 71-84 1998 (大学・研究所等紀要)

The relationship between shellbed type and sequence architecture : examples from Japan and New Zealand
 Sedimentary Geology () 122/, 109-127 1998 (学術雑誌)

海進海退サイクルの古生態学とタフォノミー
 化石 () 64/, 54-60 1998 (学術雑誌)

中上部更新統の地蔵堂層にみいだされた氷河性水準変動による約2万年または4万年周期の堆積シーケンス(共著)
 地質学雑誌 () 103/8, 747-762 1997 (学術雑誌)

Inferred bivalve response to rapid burial in a Pleistocene shallow-marine deposit from New Zealand
 Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology () 128/, 87-100 1997 (学術雑誌)

鮮新統池子層のシロウリガイ群集の種組成,産状とタフォノミー(共著)
 化石 () /61, 55-58 1996 (学術雑誌)

ニュージーランドの第四紀堆積サイクルに記録された古環境変動と底生動物群集の変遷:特に,コンデンスセクションの群集に注目して
 地学雑誌 () 105/4, 506-511 1996 (学術雑誌)

干潟における貝類遺骸の分散:表層堆積物に含まれる貝殻の保存状態区分とその頻度分布に基づく推定(共著)
 高知大学学術研究報告 () 44/, 61-71 1995 (大学・研究所等紀要)

"Shelly softground" colonized by an endobyssate bivalve, ┣DBMediolus(/)-┫DB ┣DBkurilensis(/)-┫DB : an example of taphonomic feedback from the Pleistocene of Kanazawa, Japan (共著)
 Transactions and proceedings of the Palaeontological Society of Japan, New Series () /180, 296-302 1995 (学術雑誌)

Density and relative abundance of microspheric and megalospheric forms of Nummulites as sedimentologic and taphonomic indicators
 Transactions and proceedings of the Palaentological Society of Japan, New Series () /177, 59-64 1995 (学術雑誌)

Burrowing ability and life position of toheroa(┣DBPaphies ventricosa(/)-┫DB : Mesodesmatidae), an unusually large, deep-burrowing ocean beach bivalve endemic to New Zealand (共著)
 Venus(Japanese Journal of Malacology) () 54/1, 67-76 1995 (学術雑誌)

Paleocurrent reconstruction, using imbricated tests of nummulite in the Eocene of Hahajima, Ogasawara Islands
 The Journal of the Geological Society of Japan () 101/3, 228-234 1995 (学術雑誌)

Cyclic changes in lithofacies and molluscan content in the early Pleistocene Omma Formation, Central Japan related to the 41,000-year orbital obliquity (共著)
 Palaeogeography, Palaeoclimatology, Palaeoecology () 112/, 345-361 1994 (学術雑誌)

Studies on the biology and ecology of the intertidal animals of Chichijima Island in the Ogasawara Islands. I, List of collected species with comments on some species (共著)
 Atoll Research Bulletin () /383, 1-17 1993 (学術雑誌)

千葉県松戸市栗山の地下から産した後期更新世の外洋性浅海砂底貝化石群
 千葉県立中央博物館自然誌研究報告 () 1/2, 1991 (大学・研究所等紀要)

前期更新世の氷河性海水準変動による堆積サイクルと貝化石群集の周期的変化(共著)
 地質学雑誌 () 96/1, 1990 (学術雑誌)

下総層群の堆積サイクルと堆積環境に関する一考察(共著)
 地質学雑誌 () 95/12, 1989 (学術雑誌)

二枚貝化石の産状観察法
 日本ベントス研究会誌 () 37/, 1989 (学術雑誌)

Burrowing depth of infaunal bivalves-observation of living species and its relation to shell morphology
 Transactions and proceedings of the Paleontological Society of Japan () 148/, 1987 (学術雑誌)

Shallow marine gravelly deltas and associated faunas from the upper Pleistocene Negoya Formation, Shizuoka, Japan
 Journal of the Faculty of Science, University of Tokyo, section II () 21/3, 1986 (大学・研究所等紀要)

■ 研究業績(著書)
二枚貝類の生活様式とその進化,池谷・棚部(編)古生物の科学(第3巻),古生物の生活史(2001)
 出版社:朝倉書店

フィールド古生態学の方法:古東京湾の二枚貝類を中心として(2000)
 出版社:ダイナミック古生態学,古環境と化石底生群集との相互作用

Faunal condensation in early phases of glacio-eustatic sea-Level rise, found in the Middle to Late Pleistocene Shimosa Group, Boso Peninsula, Central Japan.(1989)
 出版社:Sedimentary Facies in the Active Plate Margin

Adaptive strategies of suspension-feeding, soft-bottom infaunal bivalves to physical disturbance : evidence from fossil preservation(1998)
 出版社:Bivalves : an eon of evolution, Paleobiological studies honoring Norman D. Newell

Shallow-marine benthic palaeoecology of the Late Plestocene Palaeo-Tokyo Bay : a moderately sheltered bay fringed with barrier islands(共著).(1997)
 出版社:Proceedings of the 30th International Geological Congress, Palaeontology and Historical Geology

Midddle to Late Pleistocene shallow-marine sedimentary and faunal cycles corresponding to the orbital precession or obliquity in the Shimosa Group, Boso Peninsula, cetral Japan(共著)(1997)
 出版社:Proceedings of the 30th International Geological Congress, Stratigraphy

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)
第四紀(海進海退)サイクルにおける化石層の形成(1993)受託研究等


前ページへ戻る