■ 氏名
村上 英記 (ムラカミ ヒデキ)
MURAKAMI Hideki

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Science and Technology Unit/Professor
教育研究部 自然科学系 理工学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
その他

■ 連絡先
住 所
電 話
F A X
E-Mailmurakami●s.kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://sc1.cc.kochi-u.ac.jp/~murakami/

■ 卒業大学及び大学院等
1980.3 名古屋大学大学院理学研究科博士前期課程修了
1983.3 名古屋大学大学院理学研究科博士課程後期単位取得退学

■ 学位(種類)
理学博士 (1989.5 名古屋大学)

■ 所属学会
日本地震学会
地球電磁気・地球惑星圏学会
日本惑星科学会
日本情報地質学会
American Geophysical Union

■ 専門分野
地球電磁気学
地球惑星内部物理学

■ 主な研究テーマ・活動
地球電磁気学的手法による地殻内流体の研究
月内部構造・月震に関する研究

■ 研究についてのPR
地殻内の水が地震発生に関与していることが近年明らかになりつつある。地殻内のどこに流体が存在するのか,またその水が流動しているのかという問題に地球電磁気学的な方法でアプローチしている。全国の大学との共同研究として地震発生領域において精密地殻比抵抗構造の探査や,火山や活断層周辺での自然電位観測をおこなっている。1995年兵庫県南部地震の地震断層である野島断層において地震発生後の断層がどのように強度回復をするのかを明らかにするためのその場実験に参加し,注水時に観測される自然電位の解析をおこない地震発生後の数年で急激に強度回復がおきつつあることを明らかにしつつある。
月震計を月に設置し地震学的な手法により月内部構造を明らかにするという月探査計画の立案に参加して,国内外の研究者と協調しながら計画の具体化を進めている。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
・断層・火山活動を自然電位観測でモニターする
・地面の中を流れる電流の話
・地震発光現象の話
・月探査計画の話

■ 研究業績
Yoshimura,R.,N.Oshima,M.Uyeshima,H.Toh,T.Uto,H.Kanezaki,Y.Mochida,K.Aizawa,Y.Ogawa,
T.Nishitani,S.Sakanaka,M.Mishina,H.Satoh,T.Goto,T.Kasaya,S.Yamaguchi,H.Murakami,T.Mogi,
Y.Yamaya,M.Harada,I.Shiozaki,Y.Honkura,S.Koyama,S.Nakao,Y.Eada,and Y.Fujita,
Magnetotelluric transect across the Niigata-Kobe Tectonic Zone, central Japan: A clear correlation between strain accumulation and resistivity structure,Geophysical Research Letters, vol.36,L20311,doi:10.1029/2009GL040016,2009.(共著)

Yamaguchi, S., M. Uyeshima, H. Murakami, S. Sutoh, D. Tanigawa, T. Ogawa, N. Oshiman,R. Yoshimura, K. Aizawa, I. Shiozaki, and T. Kasaya,
Improvement of the Network-MT method and its first application in imaging the deep conductivity structure beneath the Kii Peninsula, southwestern Japan, Earth Planets Space, Vol. 61, 957-971, 2009.(共著)

Yamada,R., I.Yamadac, H.Shiraishia, S.Tanakaa, Y.Takagi, N.Kobayashie, N.Takeuchif, Y.Ishihara, H.Murakami, K. Yomogida, J.Koyamai, A.Fujimura and H. Mizutani,
Capability of the penetrator seismometer system for lunar seismic event observation, Planetary and Space Science, vol. 57, Issue 7, 2009, Pages 751-763 (doi:10.1016/j.pss.2008.12.004)(共著)

Murakami,H.,N.Oshiman,S.Yamaguchi,T.Hashimoto and R.Yoshimura,
Time evolution of hydraulic and electrokinetic parameters around the Nojima fault,Japan,estimated by an electrokinetic method,Tectonophysics, vol.43, p.200-208, 2007.(共著)

村上英記・山口 覚,
独立成分分析によるノイズの大きな地電位データからの微小信号の抽出,
情報地質,vol.18,p.29-37,2007.(共著)

Yamaguchi,S., H.Murakami, H.Iwamoto, K.Takemoto, K.Kitada, I.Shiozaki, N.Oshiman, and S.Katoh,
Two-dimensional resistivity structure of the fault associated with the 2000 Western Tottori earthquake, Earth Planets Space, vol.59, p.1211-1217, 2007. (共著)

Shiota,A.,I.Ohno,R.Shichi,H.Murakami and H.Komuro ,
Gravity Anomaly Distribution and 3-D Density Structure in the Chugoku and Shikoku Districts, Southwest Japan, J.Geodetic.Soc.Japan, 48, 243-257, 2002. (共著)

山口 覚・首藤史朗・橋本武志・村上英記・高木典子,
野島断層南部の2次元比抵抗構造および断層活動度との関連, 地震, 55, 143-151, 2002. (共著)


前ページへ戻る