■ 氏名
手林 慎一 (テバヤシ シンイチ)
TEBAYASHI Shin-ichi

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Agriculture Unit/Professor
教育研究部 自然科学系 農学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Agriculture and Marine Science, Department of Agriculture, Forestry, Bioresource and Environmental Sciences
農林海洋科学部 農林資源環境科学科

■ 連絡先
住 所
電 話088-864-5203
F A X
E-Mailtebayasi●cc.kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.cc.kochi-u.ac.jp/~tebayasi/

■ 出身大学院・研究科等
筑波大学 博士(農学研究科 応用生物化学) 1998 (修了)

■ 出身学校・専攻等
筑波大学 ( 応用生物化学) 1992 (卒業)

■ 取得学位
博士(農学) (課程) 筑波大学 応用生物化学
修士(環境科学) (課程) 筑波大学 応用生物化学

■ 研究職歴
1998-1999 科学技術振興事業団CREST 研究員


■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞
2005年 BBB論文賞 (2005)

■ 所属学会
日本農芸化学会
 ( 国内)
日本応用動物昆虫学会
 ( 国内)
The International Society of Chemical Ecology
 ( 国外)
Asia-Pacific Association of Chemical Ecologists
 ( 国外)

■ 専門分野
化学生態学、有機化学、機器分析学

■ 主な研究テーマ・活動
生理活性物質化学一般
園芸作物の耐虫性の解明とその発現
貯穀害虫の化学生態学

■ 研究についてのPR
皆さんはアオムシをご存知ですよね? 彼らはどんな植物でも食べるわけでなくキャベツなどアブラナ科の植物しか食べません。どうしてでしょう? 実はキャベツにはシニグリン(大根おろしの「ツーン」とくる辛味の成分)という物質が含まれていて、アオムシはかじった植物にこの物質があると餌だと認識し、ようやく食べることが出来るのです。アオムシは意外にも味にうるさいグルメなわけです。さて、「生理活性物質化学」これが私の研究室の名称です。『生理』とは「食べたい」と思ったり「辛い」と感じたりする「体の変化」ことです。様々な『生理』の原因となる『活性物質』を『化学』的な方法で解明するのが我々の仕事です。例えば、ニガウリは苦くて大人でも苦手な人が多いのですが、これは害虫にとっても同じであるらしく、我々は害虫が嫌がるこの成分の解明を行っています。他にも「ウドに含まれる抗菌物質」、「スギに含まれる発芽阻害物質」、「ユキヤナギに含まれる殺虫成分」などを研究しており、先々これらが抗菌剤・除草剤・殺虫剤として皆さんのお手元に届けばよいと考えております。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
授業:化学生態学・農薬化学
講演題目:
・アオムシはなぜキャベツを食べるのだろう?
・薬の起源 〜コカ・コーラとドラッグ〜
・化学兵器で身を守る 〜植物の賢い戦略〜


■ 研究業績(論文・解説)
Identification of methoxylchalcones produced in response to CuCl2 treatment and pathogen infection in barley
 Phytochemistry ( Ube, N.a, Katsuyama, Y.b, Kariya, K.c, Tebayashi, S.-I.d, Sue, M.e, Tohnooka, T.f, Ueno, K.b, Taketa, S.g, Ishihara, A.) 184/, 112650 2021 (学術雑誌) https://doi.org/10.1016/j.phytochem.2020.112650

Sugars in an aqueous extract of the spent substrate of the mushroom Hypsizygus marmoreus induce defense responses in rice
 Bioscience, biotechnology, and biochemistry (Ayami Nishimura, Anna Yoshioka, Keisuke Kariya, Naoki Ube, Kotomi Ueno, Shin-ichi Tebayashi, Kumiko Osaki-Oka, Atsushi Ishihara) 85/4, 743-755 2021 (学術雑誌) https://doi.org/10.1093/bbb/zbaa122

Induction of 2-cyanoethyl-isoxazolin-5-one as an antifeedant against the tobacco cutworm (Spodoptera litura) by jasmonic acid in sweet pea leaf
 Bioscience, Biotechnology and Biochemistry (Shinichi Tebayashi, Ruri Moriyama, Ryo Arakawa, Masashi Sato) 84/6, 1105-1112 2020 (学術雑誌) https://doi.org/10.1080/09168451.2020.1724072

Induction of defense responses by extracts of spent mushroom substrates in rice
 Journal of Pesticide Science (Atsushi Ishihara, Kana Ando, Anna Yoshioka, Koichi Murata, Yu Kokubo, Noriko Morimoto, Naoki Ube, Yukinori Yabuta, Makoto Ueno, Shin-ichi Tebayashi, Kotomi Ueno, Kumiko Osaki-Oka) 44/2, 89-96 2019 (学術雑誌) https://doi.org/10.1584/jpestics.D18-063

Accumulation of 9- and 13-KODEs in response to jasmonic acid treatment and pathogenic infection in rice
 Journal of Pesticide Science (Sayaka Nishiguchi, Koichi Murata, Naoki Ube, Kotomi Ueno, Shin-ichi Tebayashi, Masayoshi Teraishi, Yutaka Okumoto, Naoki Mori, Atsushi Ishihara) 43/3, 191-197 2018 (学術雑誌) https://doi.org/10.1584/jpestics.D18-022

Distribution of the tryptophan pathway-derived defensive secondary metabolites gramine and benzoxazinones in Poaceae
 Bioscience, Biotechnology and Biochemistry ( Yu Kokubo, Miho Nishizaka, Naoki Ube, Yukinori Yabuta, Shin-ichi Tebayashi, Kotomi Ueno, Shin Taketa, Atsushi Ishihara) 81/3, 431-440 2017 (学術雑誌) https://doi.org/10.1080/09168451.2016.1256758

Induced accumulation of tyramine, serotonin, and related amines in response to Bipolaris sorokiniana infection in barley
 Bioscience, Biotechnology and Biochemistry ( Atsushi Ishihara, Rie Kumeda, Noriko Hayashi, Yukari Yagi, Nanase Sakaguchi, Yu Kokubo, Naoki Ube, Shin-ichi Tebayashi, Kotomi Ueno) 81/6, 1090-1098 2017 (学術雑誌) https://doi.org/10.1080/09168451.2017.1290520

Elicitor-induced changes in isoflavonoid metabolism in red clover roots.
 Jounal of Experimental Botany ( Shin‐ichi Tebayashi, Atsushi Ishihara, Hajime Iwamura) 357/52, 1 - 9 2001 (学術雑誌) https://doi.org/10.1093/jexbot/52.357.681

Induction of clovamideby jasmonic acid in red clover.
 Phytochemistry (Shin-ichiTebayashi, AtsushiIshihara, MitsuyaTsuda, HajimeIwamura) 54(4), 387-392/, 2000 (学術雑誌) https://doi.org/10.1016/S0031-9422(00)00098-4

Identification of (+)-acoradiene as an aggregation pheromone for Gnatocerus cornutus (F.) (Coleoptera: Tenebrionidae)
 Journal of Stored Products Research (S.TebayashiaN.HiraiaT.SuzukiaS.MatsuyamaaH.NakakitabT.NemotocH.Nakanishic) 34/2-3, 99-106 1998 (学術雑誌) https://doi.org/10.1016/S0022-474X(98)00004-6

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)
新規な殺菌剤およびその製法
 特許公開2002-338408

フラボノイド配糖体を含有する害虫防除剤
 特許公開2003-104818

トリテルペン配糖体を含有する害虫防除剤
 特許公開2003-104812

アルキルジアミン誘導体を含有する害虫防除剤
 特許公開2004-91353

アピオースの製造方法
 特許公開2005-91353

カシノナガキクイムシ誘引物質、その誘引剤ならびにカキノナガキクイムシ用誘引剤トラップ
 特許公開2007-223978

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る