■ 氏名
遠山 茂樹 (トオヤマ シゲキ)
TOYAMA Shigeki

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Humanities and Social Science Unit/Professor
教育研究部 人文社会科学系 人文社会科学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Humanities and Social Sciences, Department of Humanities and Social Sciences, International Studies Course
人文社会科学部 人文社会科学科 国際社会コース

■ 連絡先
住 所
電 話088-844-8183
F A X
E-Mails-toyama●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://souls.cc.kochi-u.ac.jp/s-toyama.html

■ 出身大学院・研究科等
東京大学 博士(人文社会系研究科 社会文化研究専攻) 2001 (単位取得満期退学)

■ 出身学校・専攻等
青山学院大学 (国際政治経済学部 国際経営学科) 1991 (卒業)

■ 取得学位
修士(社会学) (課程) 東京大学 社会学

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞
第18回情報文化学会賞・片方善治賞 (2012)

■ 所属学会
社会情報学会(SSI)
 ( 国内)
情報文化学会
 ( 国内)
日本社会学会
 ( 国内)
日本マス・コミュニケーション学会
 ( 国内)
日本都市社会学会
 ( 国内)
CIRN (Community Informatics Research Network, Inc.)
 ( 国外)

■ 専門分野
社会情報学、コミュニティ論(コミュニティ開発論含む)、地域情報化論、都市社会学、ネットワーク社会論、情報社会論、メディア論、マス・コミュニケーション論、など

■ 主な研究テーマ・活動
・地域SNSによるコミュニティ形成に関する質的研究
・都市の包括的コミュニティ・インフォマティックスに関する研究
・コミュニティ活性化のための最新情報通信技術の応用に関する研究
・アメリカ・イギリスにおけるCTC(Community Technology Center)/CN(Community Network)に関する研究

■ 研究についてのPR
コミュニティ形成(構築)における高度情報化過程(コミュニティ・インフォマティックス)の研究に取り組んでいます。当初は主にアメリカ合衆国での現地調査を通して、各地域の事例研究に取り組んできました。その後、日米の比較研究を通して、今後の日本における‘まちづくり’と地域の高度情報化過程について研究を進めています。近年は、ソーシャル・ネットワーキングに注目した研究に取り組んでいます。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
・地域コミュニティと高度情報化について
・ネットワーク社会論

■ 研究業績(論文・解説)
地域アート創作プロジェクトとプロジェクト型学習について:コミュニティ情報化とメディアリテラシー教育
 情報文化学会誌 () 第10巻第1号、31頁-38頁/, 2003 (学術雑誌)

知的クラスターとコミュニティの相互補完性についての一考察
 社会情報学研究 () 第8巻1号、15頁-29頁/, 2003 (学術雑誌)

コミュニティ情報化プロジェクトにおけるメディア・アート・プログラムの可能性
 日本社会情報学会学会誌 () 第14巻2号,63頁-76頁/, 2002 (学術雑誌)

イギリスの地域コミュニティにおける住民主体の情報化活動についての考察 : サウスヨークシャーの事例研究を通して
 平成11年度情報通信学会年報 () /, 93-104 2000 (学術雑誌)

地域コミュニティにおける高次ユニバーサル・サービスの試み : コミュニティ・ネットワーキングの挑戦
 東京大学社会情報研究所紀要 () /第56, 201-222 1998 (大学・研究所等紀要)

コミュニティ・インフォマティックスにおける”場所性”の創出とWeb-GIS:「萩まちじゅう博物館」HAGISの事例を通して
 情報文化学会誌 (遠山茂樹) 13/2, 27-33 2006 (学術雑誌)

高知における「生活の情報化」について:「はちきんねっと」モデルとコミュニティ・インフォマティックス
 国際社会文化研究 (遠山茂樹) /7, 1-18 2006 (大学・研究所等紀要)

地域づくりと地域情報化の変遷と今後の展望:住民主体の地域づくりにむけて
 国際社会文化研究 (遠山茂樹) /9, 39-76 2008 (大学・研究所等紀要)

社交をデザインする:SNSを利用した地域社交場の創設の試み
 『情報文化学会誌 (遠山茂樹) 18/1, 11-18 2011 (学術雑誌)

大学生の友人関係とコミュニケーション・メディア選択との関連性に関する調査研究
 国際社会文化研究 (遠山茂樹) /13, 61-92 2012 (大学・研究所等紀要)

地方大学生における地域コミュニケーション状況に関する調査研究:高知県下の大学生を対象に
 情報文化学会誌 (遠山茂樹) 20/2, 43-50 2013 (学術雑誌)

地域コミュニケーションと地方大学生のクチコミ行為
 国際社会文化研究 (遠山茂樹) /15, 25-44 2014 (大学・研究所等紀要)

■ 研究業績(著書)
越境する人と文化:人文・社会科学をはじめる人のための参考書(2007)
 出版社:リーブル出版
 ISBN:9784947727855

道空間のポリフォニー(2007)
 出版社:音羽書房鶴見書店
 ISBN:9784755302336

Constructing and Sharing Memory: Community Informatics, Identity and Empowerment(2007)
 出版社:Cambridge Scholars Publishing
 ISBN:9781847182777

Communities in Action: Papers in Community Informatics(2009)
 出版社:Cambridge Scholars Publishing
 ISBN:9781443809597

越境スタディーズ:人文学・社会科学の視点から(2015)
 出版社:リーブル出版
 ISBN:978-4-86338-111-7

■ 研究業績(口頭・ポスター)
アメリカにおけるコミュニティ・ネットワーキングについて (第13回日本社会情報学会(JASI)大会(於:東京大学) 1998 口頭発表)

地域コミュニティにおけるユニバーサル・インターネット・サービスの取り組み:アメリカ・ミシガン州の事例を通して (第16回情報通信学会大会(於:麗澤大学) 1999 口頭発表)

イギリスにおけるコミュニティ情報化についての考察:サウスヨークシャーの事例研究を通して (第17回情報通信学会大会(於:電気通信大学) 2000 口頭発表)

貧困コミュニティとメディア・アート・プログラム:デジタル・デバイド問題への効果的対応策の一つとして (第20回日本放送芸術学会大会(於:高知大学) 2001 口頭発表)

メディア・アートとコミュニティ情報化プロジェクト:シカゴのストリートレベル・ユース・メディアの事例研究を通して (第16回日本社会情報学会(JASI)大会(於:早稲田大学) 2001 口頭発表)

「知的クラスター形成支援のための地域構造」(ワークショップ「社会情報と知識経済化」の問題提起者の1人として) (第7回日本社会情報学会(JSIS)大会(於:群馬大学) 2002 その他)

Community Informatics と道空間 (平成17年度情報文化学会関東支部大会(於:早稲田大学) 2005 口頭発表)

パネルディスカッション「学際研究、情報文化、または社会情報をめぐって」(パネラーとして) (平成17年度情報文化学会関東支部大会(於:早稲田大学) 2005 その他)

コミュニティ開発における空間情報の活用について:萩まちじゅう博物館構想とHAGIS (平成18年度情報文化学会関東支部大会(於:早稲田大学) 2006 口頭発表)

コミュニティ・インフォマティックスと地域空間形成 (第21回日本社会情報学会(JASI)全国大会(於:学習院大学) 2006 口頭発表)

コミュニティ・インフォマティクスにおける“場所性”の創出とWeb-GIS:まちじゅう博物館HAGISの事例を通して (情報文化学会第14回全国大会(於:東京大学) 2006 口頭発表)

The mapping of memories onto the community space: The case of the walking navigation system by the city of Nishinomiya (The Constructing and sharing memory: community informatics, identity and empowerment, CIRN 2006 Prato, Monash University Prato Centre, Prato, Italy 2006 口頭発表)

Local area SNS and community building in Japan (Communities and Action, CIRN Prato Conference 2007 2007 口頭発表)

ソーシャルメディアを使った地域の社交場について (日本社会情報学会(JASI)第2回中国四国支部研究会(於:高知市立自由民権記念館研修室) 2011 口頭発表)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る