■ 氏名
谷口 雅基 (タニグチ マサキ)
TANIGUCHI Masaki

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Professor
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (English Language Education Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(英語教育コース)

■ 連絡先
住 所高知市曙町2−5−1高知大学教育学部
電 話
F A X
E-Mailtamasaki●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.cc.kochi-u.ac.jp/~tamasaki/

■ 出身大学院・研究科等
西南学院大学 修士(文学研究科 英語音声学) 1983 (修了)

■ 出身学校・専攻等
西南学院大学 (文学部 外国語学科) 1980 (卒業)

■ 取得学位
文学修士 (課程) 西南学院大学 英語学

■ 研究職歴
1983-1984 筑紫女学園短期大学助手
1984-1988 筑紫女学園短期大学講師
1988-1992 筑紫女学園大学講師
1992-1998 筑紫女学園大学助教授
1996- ロンドン大学音声学言語学部名誉研究員
1998-2002 筑紫女学園大学教授
2002- 高知大学大学院教育学研究科教授、教育部学部教授
2002- ロンドン大学音声学言語学部名誉上級研究員
2008- 高知大学大学院総合人間自然科学研究科教育学専攻教授、教育研究部人文社会科学系教育学部門教授




■ 委員歴・役員歴
1996- 日本英語音声学会 副会長
1996-2002 日本英語音声学会 九州沖縄支部長
1996- 日本英語音声学会 副理事長
2002- 日本英語音声学会 九州沖縄四国支部長
2011- International Phonetic Association (国際音声学協会) Council Member(理事), Permanent Member(恒久会員)
2002- Department of Speech, Hearing and Phonetic Sciences, University College London Honorary Senior Research Fellow (名誉上級研究員)
2013- UCL Summer Course in English Phonetics Honorary Lecturer (名誉講師)
2015- International Phonetic Association (国際音声学協会) Permanent Council Member(常任理事)

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
International Phonetic Association
 (Permanent member (1983-), Council Member(理事)(2011-) 1983- 国外)
日本英語音声学会
 (副会長、副理事長、九州沖縄四国支部長 1996-現在 国内)
Korean Society of Phonetic Sciences
 (恒久会員 1998-現在 )
国際日韓比較言語学会
 (理事 2007- 国外)

■ 専門分野
英語音声学、英語音声教育、異文化理解、異文化間コミュニケーション、 English Phonetics, English Phonetics Teaching, Intercultural Communication

■ 主な研究テーマ・活動
■ 研究テーマ
英語音声学、日本人向け英語音声教育(リズム、イントネーションを含む)、
国際コミュニケーションのための英語教育(スピーチ、プレゼンテーション教育を含む)、異文化理解、異文化コミュニケーション、国際人材養成

■ 活動
日本英語音声学会副会長(1996.9 〜)
日本英語音声学会九州沖縄支部長(1996.9 〜 2001.3)
日本英語音声学会九州沖縄四国支部長(2002.4 〜)
英語教師のための英語発音クリニックボランティア(毎月最終火曜日19:30-21:00)(2004.4 〜)
福岡トーストマスターズクラブFukuoka Toastmasters Club会員(1992.1 〜 2002.3)
Toastmasters International 会員(1992.1 〜)
London Grosvenor Square Toastmasters Club 会員(1996.4 〜 1997.3)
福岡トーストマスターズクラブ会長(1999.7 〜 2000.6)
太宰府トーストマスターズクラブ設立準備会長(1997.12 〜 1999.6)
太宰府トーストマスターズクラブ設立(1999.7)
太宰府トーストマスターズクラブ会員(1999.7 〜)
太宰府トーストマスターズクラブ会長(2000.7 〜 2001.6)
高知トーストマスターズ(英語パブリックスピーキング)クラブ設立世話役(2002.7 〜)
高知トーストマスターズクラブ会長(2008.7 〜2009.6)
ロンドン大学音声学部主催英語音声学夏期講習参加支援/引率ボランティア
ロンドン大学音声学部名誉上級研究員Honorary Senior Research Fellow, Department of Phonetics and Linguistics, University College London (2003.8.1〜)

■ 研究についてのPR
 英語の音声、リズム、イントネーションにおける日本人学習者の弱点についての研究、特に、音声分析機を用いた視聴覚データを活用し、教育に応用することを中心として研究を行なっている。
 授業においては、研究内容を教育に活かすべく、音声を理論面のみならず実践的対象と捉え、学生とのコミュニケーションを可能な限り英語音声を通して行なっている。日本人のための英語音声学の目的の一つは、世界において他国の人々とのスムーズなオーラルコミュニケーションを図ることにあり、そのためには、日本人以外の人々に通ずる英語音声を身につけることが重要である。日本人の話す英語は意識せずともある程度日本語の特徴の影響下にあり、そのために他国の人々に通じないことが少なくない。このことを如何に克服して世界の人々に理解される英語音声を身につけ、また世界の人々の話す英語を聴き取る能力を身につけることができるかが大きな課題である。
 これを実現するために、最新の英米の標準音声を研究し、日本人学習者の難点を指摘し、それを克服する方法を模索し、授業に応用している。
 英語科に限らず将来教員を志望する学生の国際性、異文化を理解するマインドの創設およびそれに基づいて行動できる国際人材を育成するための国際教育実習を実施し、幅広い国際的視野を持つ教員育成に努力している。
 日本テレビ番組「伊東家の食卓」(2004年7月13日放送分)より『英語の発音における日本人の弱点の克服法』について助言を求められ、特に “r” と “th” の調音法についてアドバイスを提供した。今後もこのような要請があれば協力を続けたい。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
「英語の音声とイントネーションにおける日本人の弱点と克服法」
「20世紀における英語音声の変化」
「英語音声における英米の比較」
「ロンドン大学における英語音声学の理論と実践的教育法」
「Toastmasters方式英語スピーチ訓練法」
「異文化理解マインドの創設のための国際教育実習」
「英語のリスニングとスピーキング」
「通じる英語力養成」

■ 研究業績(論文・解説)
『英語の音声とオーラルコミュニケーション:英語への新しいアプローチ』English Sounds and Oral Communication: Approach to Living English.  (橋本満弘と共著 co-authored by Mitsuhiro Hashimoto)
 日本英語音声学会 English Phonetic Society of Japan () 叢書英語音声学シリーズ第2巻 English Phonetics Series, No. 2/, 2003 (その他)

Development of the International Phonetic Alphabet 1928-1979 and Further Development Desired.
 Quest (西南英語英文学談話会) () No. 1 (pp. 47-67)/, 1982 (学術雑誌)

Two Differences between RP Intonation and General American English Intonation: With Computer Analyses.
 Quest (西南英語英文学談話会) () No. 2 (pp.31-42)/, 1983 (学術雑誌)

Juncture: An Interplay of Several Features.
 Language Laboratory (語学ラボラトリー学会) () No. 20 (pp.30-41)/, 1983 (学術雑誌)

English /j/ and /w/ Reconsidered.
 筑紫女学園短期大学紀要 () No. 19 (pp. 61-71)/, 1984 (学術雑誌)

Toward a Unified Method of Analysis of English Intonation.
 音声の研究(Study of Sounds)(日本音声学会) () No. 20 (pp. 378-391)/, 1984 (学術雑誌)

How the English Diphthongs + [@] should be Described in Dictionaries.
 筑紫女学園短期大学紀要 () No. 20 (pp. 93-124)/, 1985 (大学・研究所等紀要)

An Experiment on the Factors Contributing to Prominence in English Speech.
 Study of Sounds (音声のけんきゅう)(日本音声学会) () No. 21 (pp. 261-274)/, 1985 (学術雑誌)

Emphatic Lengthening of English Consonants.
 筑紫女学園短期大学紀要 () No. 21 (pp. 73-101)/, 1986 (大学・研究所等紀要)

On the Use of the Letters j (or y) and w for the Post-central Elements of English Long Vowels and Diphthongs.
 日本音声学会会報 () No. 183 (pp. 15-17)/, December 1986 (学術雑誌)

On Determining a Unit for Measuring the Speech Velocity of English.
 筑紫女学園短期大学紀要 () No. 22 (pp. 93-117)/, 1987 (大学・研究所等紀要)

Average Range and Limitations of English Speech Velocity.
 筑紫女学園短期大学紀要 () No. 23 (pp. 55-82)/, 1988 (大学・研究所等紀要)

Speech Velocity in English: Ordinary Conversations and Modified Conversations for EFL Learners.
 筑紫女学園大学紀要 () No. 1 (pp. 177-222)/, 1989 (大学・研究所等紀要)

IPA国際音標文字(International Phonetic Alphabet)1989年改訂会議参加報告と論説
 筑紫女学園大学紀要 () No. 2 (pp. 171-190)/, 1990 (大学・研究所等紀要)

Comparison of Auditorily Comfortable Range of English Speech Rate between Native Speakers of English and Japanese EFL Learners.
 Language Laboratory(語学ラボラトリー学会) () No. 27 (pp. 99-107)/, 1990 (学術雑誌)

IPA国際音標文字(International Phonetic Alphabet)改訂版論説の追加
 筑紫女学園大学紀要 () No. 3 (pp. 173-180)/, 1991 (大学・研究所等紀要)

Correlations between English Speech Rate and EFL/ESL Learners’ Auditory Perception.
 筑紫女学園大学国際文化研究所論叢 () No. 2 (pp. 51-61)/, (October 1991). (大学・研究所等紀要)

English Speech Rate and College EFL/ESL Learners’ Auditory Perception.
 Language Laboratory (語学ラボラトリー学会) () No. 28 (pp. 47-62)/, 1991 (学術雑誌)

Toward Further Development of the International Phonetic Alphabet: The Case of the Retroflex.
 日本音声学会会報 () No. 199 (pp. 46-48)/, 1992 (学術雑誌)

Exercising Educational Phonetics for Japanese Learners of English I: Listening Comprehension.
 筑紫女学園大学紀要 () No. 5 (pp. 107-142)/, 1993 (大学・研究所等紀要)

English Speech Rate and Intonation.
 筑紫女学園大学紀要 () No. 6 (pp. 123-160)/, 1994 (大学・研究所等紀要)

A Pitch and Intensity Analysis of the Intonation Patterns, Fall Plus Rise and Fall-Rise.
 筑紫女学園大学・短期大学国際文化研究所論叢 () No. 5 (pp. 73-100)/, 1994 (大学・研究所等紀要)

Exercising Educational Phonetics for Japanese Learners of English II: Speaking.
 筑紫女学園大学紀要 () No. 7 (pp. 151-191)/, 1995 (大学・研究所等紀要)

Visual Speech for EFL Learners: Vowels.
 筑紫女学園大学・短期大学国際文化研究所論叢 () No. 6 (pp. 57-86)/, 1995 (大学・研究所等紀要)

Recent Trends in RP: Jones, Gimson and Wells: The Latter Half of the Twentieth Century.
 筑紫女学園大学紀要 () No. 8 (pp. 95-119)/, 1996 (大学・研究所等紀要)

A Pilot Study for Research for Improving the Teaching of English Intonation to Japanese Learners of English.
 筑紫女学園大学紀要 () No. 9 (pp. 151-169)/, 1997 (大学・研究所等紀要)

A Study of the Effect of Interactive Visual Feedback on Improving the Intonation of Japanese EFL Learners.
 英語音声学(English Phonetics)(日本英語音声学会) () No. 1 (pp. 107-126)/, 1997 (学術雑誌)

Effect of Interactive Visual Feedback on the Improvement of English Intonation of Japanese EFL Learners.
 筑紫女学園大学・短期大学国際文化研究所論叢 () No. 9 (pp. 73-86) No. 9 (pp. 73-86)/, 1997 (大学・研究所等紀要)

Appendix to “Effect of Interactive Visual Feedback on the Improvement of English Intonation of Japanese EFL Learners”: Material 1.
 筑紫女学園大学紀要 () No. 10 (pp. 157-171)/, 1998 (大学・研究所等紀要)

Appendix to “Effect of Interactive Visual Feedback on the Improvement of English Intonation of Japanese EFL Learners”: Material 2.
 筑紫女学園大学・短期大学国際文化研究所論叢 () No. 9 (pp.153-168)/, 1998 (大学・研究所等紀要)

Appendix to “Effect of Interactive Visual Feedback on the Improvement of English Intonation of Japanese EFL Learners”: Material 3.
 筑紫女学園大学紀要 () No. 10/, 1999 (大学・研究所等紀要)

Appendix to “Effect of Interactive Visual Feedback on the Improvement of English Intonation of Japanese EFL Learners”: Material 4.
 筑紫女学園大学・短期大学国際文化研究所論叢 () No. 11 (pp.89-102)/, 1999 (大学・研究所等紀要)

Effect of Interactive Visual Feedback on the Improvement of English Intonation of Japanese EFL Learners. (co-authored by Evelyn Abberton)
 Speech, Hearing and Language: Work in Progress (Department of Phonetics and Linguistics, University College London) () No. 11 (pp.76-89)/, 1999 (大学・研究所等紀要)

Characteristic Features of Japanese EFL Learners’ English Intonation: How Interactive Visual Feedback can Help to Improve. 
 英語音声学 (English Phonetics) (日本英語音声学会) () No. 3. (pp. 99-110)/, 2000 (学術雑誌)

Analysis of Japanese EFL Learners’ English Intonation: Japanese and English Compounds.
 筑紫女学園大学・短期大学国際文化研究所論叢 () No. 12. (pp. 75-88)/, 2000 (大学・研究所等紀要)

Japanese EFL Learners’ Weak Points in English Intonation.
 英語音声学 (English Phonetics) (日本英語音声学会) () No. 4. (pp.45-54)/, 2001 (学術雑誌)

英語のイントネーションにおける日本人学習者の弱点を克服する法(How to Overcome Japanese Learners’ Weak Points in English Intonation)
 『第50回九州地区大学一般教育研究協議会議事録』(Proceedings of the 50th Conference of Kyushu Area University Liberal Arts Eduation Association)  () /, 2002 (その他)

An Experiment on Japanese EFL Learners’ English Intonation: Tonality, Tonicity and Tone.
 英語音声学(English Phonetics) (日本英語音声学会) () No. 5 (pp. 91-110)/, 2002 (学術雑誌)

Japanese EFL Learners’ Difficulty in English Rhythm and Intonation: An Experiment on Accent Grouping. English Phonetics.
 『英語音声学』(日本英語音声学会) () No. 6 (pp. 25-44)/, 2003 (学術雑誌)

An Experiment of the Effect of Interactive Visual Feedback on the Improvement of English Intonation Teaching. English Phonetics
 日本英語音声学会『英語音声学』 () No. 8 (pp. 23-35)/, 2005 ()

Relation between Direct Tests and Indirect Tests on English Intonation for Japanese Learners: Nucleus Placement
 日本英語音声学会中部支部『英語教育音声学と学際研究 English Phonetics in Education and Related Studies: 日本英語音声学会中部支部創立10周年記念論文集』 () pp. 41-50/, 2005 (学術雑誌)

An Experiment of the Effect of Interactive Visual Feedback on the Improvement of English Intonation Teaching
 日本英語音声学会中部支部『英語教育音声学と学際研究 English Phonetics in Education and Related Studies: 日本英語音声学会中部支部創立10周年記念論文集』 () pp. 71-80/, 2005 (学術雑誌)

Gymnastics of English Pronunciation, Rhythm and Intonation: Tamasaki Gymnastics English Phonetics
 日本英語音声学会『英語音声学』(English Phonetics) (Masaki Taniguchi) 第9号・第10号合併号/, (pp. 61-76) 2006 (学術雑誌)

Do Indirect Test of English Intonation Measure Students' Ability in Performing English Nucleus Placement? co-authored by Shizuya Tara
 Philologia (Shizuya Tara and Masaki Taniguchi) No. 4 (pp. 17-26)/, (2006) (学術雑誌)

Japanese Learners' English Intonation: Discrepancy between Intonation Intended and Intonation Performed
 Proceedings of the 16th International Congress of Phonetic Sciences (Masaki Taniguchi and Yusuke Shibata) /, (August 2007) (その他)

Japanese Learners' English Pronunciation: how intelligible is it?
 Proceedings of the Phonetics Teaching and Learning Conference 2007 (Masaki Tanitguchi and Yusuke Shibata) /, August 2007 (その他)

Japanese Learners' Perception and Production of Tonicity in English
 English Phonetics (Masaki Taniguchi and Yusuke Shibata) /11・12合併, 41-53 2008 (学術雑誌)

Representation of English Intonation
 English Phonetics (Masaki Taniguchi) /13, 69-75 2009 (学術雑誌)

Rhythm and Intonation for Public Speaking
 The Chubu Branch of the English Phonetic Society of Japan: Applied Phonetics and Related Studies (Masaki Taniguchi) 2/145, 155 2009 (学術雑誌)

Effect of Connected-speech-phenomena-and-prosody-centred Exercises on the Oral Production of Japanese Learners of English
 English Phonetics (Yusuke Shibata and Masaki Taniguchi) 14/15/201, 208 (学術雑誌)

“Assessing Intonation in the Spontaneous and Scripted Speech of Native and Non-Native Speakers of English”
 Proceedings of the 17th International Congress of Phonetic Sciences (p.101) (August 2011) (Taniguchi, M., Setter, J., Fulop, S., and Golston, C. ) /, 2011 ()

Features of Japanese Learners' English Consonant Clusters and Elision: Towards the Development of a Common Japanese Framework of Reference for English Sounds
 English Phonetics (Taniguchi, M. and Shibata, Y. ) 19 /, 75-81 2014 (学術雑誌)

Teachability and learnability of English tonicity for Japanese junior high school students
 Proceedings of Phonetics Teaching and Learning Conference 2015 (Yusuke Shibata, Masaki Taniguchi and Tamikazu Date.) /, 83-86 2015 (学術雑誌)

Teaching Japanese bi-mora and quadric-mora timing rhythms to Vietnamese learners
 Proceedings of the 18th International Congress of Phonetic Sciences (Masaki Taniguchi, Jane Setter ) /, 2015 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
『現代英語の構造と用法』Structure and Usage of Modern English Idioms. (西原忠毅と共著 co-authored by Tadayoshi Nishihara)(1985)
 出版社:九州大学出版会Kyushu University Press

『米語音声学の理論と実践』The Theory and Practice of General American English Phonetics (西原忠毅と共著 co-authored by Tadayoshi Nishihara)(2001, 2002改訂)
 出版社:西南言語研究所 Seinan Linguistic Institute

Difference of Intonation between Received Pronunciation and General American (イントネーションにおける容認発音と一般米語の相違)(2004)
 出版社:日本英語音声学会『英語音声学活用辞典』 (EPSJ Practical Dictionary of English Phonetics ) (pp. 47-48)

Intonation (音調, イントネーション)(2004)
 出版社:日本英語音声学会『英語音声学活用辞典』 (EPSJ Practical Dictionary of English Phonetics)

University College London Summer Course in English Phonetics (ロンドン大学英語音声学夏期講習)(2004)
 出版社:日本英語音声学会『英語音声学活用辞典』 (EPSJ Practical Dictionary of English Phonetics)

Difference of Intonation between Received Pronunciation and General American イントネーションにおける容認発音と一般米語の相違(2005)
 出版社:成美堂『英語音声学辞典』 (The EPSJ Practical Dictionary of English Phonetics)

Intonation 音調(2005)
 出版社:成美堂『英語音声学辞典』 (The EPSJ Practical Dictionary of English Phonetics)

University College London Summer Course in English Phonetics ロンドン大学英語音声学夏期講習(2005)
 出版社:成美堂『英語音声学辞典』 (The EPSJ Practical Dictionary of English Phonetics)

Language and Beyond : A festschrift for Hiroshi Yonekura on the occasion of his 65th birthday "Segmental and Prosodic Interference in Japanese Learners' English"((March 2007) (pp.459-480))
 出版社:ed M. Sawada, et al. (Tokyo: Eichosha)
 ISBN:978-4-268-00423-9

■ 研究業績(口頭・ポスター)
Teaching Japanese bi-mora and quadric-mora timing rhythms to Vietnamese learners ( 18th International Congress of Phonetic Sciences 2015 ポスター)

Teachability and learnability of English tonicity for Japanese junior high school students (Proceedings of Phonetics Teaching and Learning Conference 2015 2015 口頭発表)

Assessing Intonation in the Spontaneous and Scripted Speech of Native and Non-Native Speakers of English (17th International Congress of Phonetic Sciences 2011 ポスター)

Japanese Learners (Phonetics Teaching and Learning Conference 2007 2007 口頭発表)

Japanese Learners (16th International Congress of Phonetic Sciences 2007 )

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)
異文化理解マインドの創出と国際的教員養成研究 [科研課題番号20653074](2008-2010)受託研究等

異文化理解マインドの創出と相互国際教育実習研究 [科研課題番号23653303](2011-2013)受託研究等


前ページへ戻る