■ 氏名
岡谷 英明 (オカタニ ヒデアキ)
OKATANI Hideaki

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Professor
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (Educational Sciences Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(教育科学コース)

■ 連絡先
住 所
電 話088-844-8428
F A X088-844-8428
E-Mailokatani●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
広島大学 博士(教育学研究科 教育学専攻) ()

■ 出身学校・専攻等

■ 取得学位
教育学修士 ()

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
教育哲学会
 ( 国内)
教育史学会
 ( 国内)
教育思想史学会
 ( 国内)
中国四国教育学会
 ( 国内)

■ 専門分野
教育哲学
道徳教育論
教育史

■ 主な研究テーマ・活動
ドイツにおける人間形成論研究
「人間と世界」問題史研究 
人間形成における道徳の意味に関する研究
制度としての道徳に関する研究
明治期の少年教育雑誌研究

■ 研究についてのPR
人間形成・教育における近代問題を研究しております。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
人間形成、教育学、道徳、明治期の少年教育雑誌に関する授業

■ 研究業績(論文・解説)
アーノルド・ゲーレン「制度の哲学」の教育学的意義
 『教育哲学研究』 (岡谷英明) /, 1995 ()

『幼年雑誌』にみる読者共同体の教育的意義
 『日本の教育史学』 (岡谷英明) /, 1996 ()

評価の根本問題を追求する
 山崎英則編著『教育哲学のすすめ』ミネルヴァ書房、所収。 (岡谷英明) /, 2003 ()

『超道徳』時代の道徳教育−ゲーレン道徳論の検討をてがかりとして
 日本道徳教育学会『道徳と教育』 (岡谷英明) /, 2010 ()

ゲーレンの道徳教育論
 『教育的思考の作法4 道徳教育の可能性』福村出版所収 (岡谷英明) /, 2012 ()

生命と教育−ドイツにおける哲学的人間学を中心に
 『教育的思考の作法5 教育哲学の課題「教育の知とは何か」−啓蒙・革新・実践』福村出版所収 (岡谷英明) /, 2015 ()

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る