■ 氏名
松原 史典 (マツバラ フミノリ)
MATSUBARA Fuminori

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Education Unit/Associate Professor
教育研究部 人文社会科学系 教育学部門/准教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Education, Teacher Training Division (English Language Education Course)
教育学部 学校教育教員養成課程(英語教育コース)

■ 連絡先
住 所
電 話088-844-8374
F A X088-844-8374
E-Mailfuminori●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等

■ 出身学校・専攻等

■ 取得学位
博士(文学) (課程) 安田女子大学 英語学

■ 研究職歴
1993-1996 関西外国語短期大学部 非常勤講師
1998-2000 広島大学総合科学部 非常勤講師
1998-2000 安田女子大学文学部 非常勤講師
1999-2000 広島市立大学 非常勤講師
2000-2002 日本大学生物資源科学部 講師
2002-2007 高知大学教育学部 助教授
2007-2009 高知大学教育学部 准教授
2009- 高知大学教育研究部人文社会科学系教育学部門 准教授


■ 委員歴・役員歴
日本英語学会評議委員(2007-)
日本英文学会中国四国支部編集委員(2010-)
近代英語協会理事(2011-)
高知言語学言語教育研究会会長(2008-2009)


■ 受賞学術賞
近代英語協会第8回新人賞佳作 (2001)

■ 所属学会
日本英語学会
 (評議委員 2007- 国内)
日本言語学会
 ( 国内)
近代英語協会
 (理事 2011- 国内)
英語語法文法学会
 ( 国内)
日本英文学会
 ( 国内)
日本英文学会中国四国支部
 (編集委員 2010- 国内)
広島言語文化談話会
 ( 国内)
高知言語学言語教育研究会
 (会長 2008-2009 国内)

■ 専門分野
英語学 (統語論)

■ 主な研究テーマ・活動
統語理論(ミニマリスト・プログラム)を発展・適用させて、様々な言語現象・文法現象を解明することを研究テーマとする。
(例) p*P Phases, To-Infinitival Complements, Passive Constructions, PP Subjects, Object Raising, Extraction from Subject, Quotative Inversuin, Double Modal Constructions, etc.

■ 研究についてのPR
 人間には、視覚、聴覚などの能力と同じように、言語をつかさどる能力が生得的に備わっている。また、人間は、有限の情報量から、今まで聞いたこともないような文を無限に生み出すことができる。このような人間特有の言語能力は、脳の中においてどのように具現化されるのであろうか。この疑問に答えを与えようとするのが、チョムスキーが提唱する生成文法(ミニマリスト・プログラム)である。この理論に基づけば、人間の脳には、共通の普遍的な文法体系(普遍文法)が存在し、どのような言語であっても普遍的に適用される原理が存在する。この意味で、普遍文法の仕組みをさらに明確にしていくことが、言語習得の謎を探る鍵となり、世界中の文法学者に課せられた興味深いテーマであると言える。また、普遍文法によって個別言語の文法現象がどのように説明されうるのか分析する必要がある。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
「言語習得と生成文法」、「チョムスキー理論とは」、「言語の階層性」、「句の構造」、「早期英語学習」など。

■ 研究業績(論文・解説)
前置詞句主語の認可条件について
 英語語法文法研究 (松原史典) /16, 35-51 2009 (学術雑誌)

A Phonologically Null "For" in To-Infinitival Complements and No More ECM Verbs
 安田女子大学大学院文学研究科紀要 (Fuminori Matsubara) 14/, 69-91 2009 (大学・研究所等紀要)

Try-Type To-Infinitival Complements
 Studies in English: The Regional Branches Combined Issue (英文学研究支部統合号) (Fuminori Matsubara) 1/, 289-300 2009 (学術雑誌)

Remarks on Chomsky’s (2008) Analysis of Extractionfrom Subject
 English Linguistics (Fuminori Matsubara) 25/2, 464-474 2008 (学術雑誌)

Modal Phrase, Movement, and To-Infinitival Clauses
 English Linguistics (Fuminori Matsubara) 25/1, 175-204 2008 (学術雑誌)

Subject Raising in Perceptual and Causative Infinitival Complements
 英語英米文学論集(安田女子大学英語英米文学会) (Fuminori Matsubara) 17/, 1-14 2008 (大学・研究所等紀要)

A Minimalist Approach to Middle English To-Infinitivals Not Selected by Verbs
 安田女子大学大学院文学研究科紀要 (Fuminori Matsubara) 13/, 17-37 2008 (大学・研究所等紀要)

Believe型To不定詞句補部主語 vs. Want型To不定詞句補部主語
 英語英米文学論集(安田女子大学英語英米文学会) (松原史典) 16/, 35-49 2007 (大学・研究所等紀要)

Is the Passive Preposition By Semantically Empty ?
 Studies in Modern English (近代英語研究) (Fuminori Matsuabra) 21/, 93-101 2005 (学術雑誌)

A Minimalist Approach to To-Infinitival Complements and No More ECM Relations
 JELS (Fuminori Matsubara) 22/, 81-90 2005 (学術雑誌)

A Minimalist Approach to Believe-Type Verbs and No More ECM Relations
 Studies in Modern English (20th Anniversary)(近代英語研究) (Fuminori Matsubara) /, 153-164 2003 (学術雑誌)

前置詞句主語の統語的・意味的条件について
 英語語法文法研究 (松原史典) 10/, 135-148 2003 (学術雑誌)

Is the passive By-phrase an Adjunct or an Argument?
 安田女子大学大学院開設十周年記念論文集 英語学英米文学編 (Fuminori Matsubara) /, 37-49 2003 (大学・研究所等紀要)

A Minimalist Approach to To-Infinitival Complements in Belfast English.
 English Linguistics (Fuminori Matsubara) 19/2, 239-265 2002 (学術雑誌)

A Minimalist Approach to Passive Constructions
 Linguistic Analysis (Fuminori Matsubara) 32/1-2, 130-183 2002 (学術雑誌)

Review of Dynamic Antisymmetry.
 Linguistic Analysis (Fuminori Matsubara) 30/3-4, 346-358 2000 (学術雑誌)

p*P Phases.
 Linguistic Analysis (Fuminori Matsubara) 30/1-2, 127-161 2000 (学術雑誌)

The Head-Feature of Q and the Zero Complementizer in Non-Root Wh-Questions in Middle English.
 Studies in Modern English(近代英語研究) (Fuminori Matsubara) 17/, 77-95 2001 (学術雑誌)

Syntax and Semantics of of in the Construction "It is A(jective) of NP to VP"
 Studies in Modern English (近代英語研究) (Fuminori Matsubara) 16/, 71-84 2000 (学術雑誌)

補文標識か、前置詞か --- for/to/of の統語的ふるまいについて---
 英語教育 (松原史典) 48/10, 49-52 1999 (学術雑誌)

分離I 仮説とNegP
 英語青年 (松原史典) 143/4, 200-204 1997 (学術雑誌)

Except 構文の構造と意味解釈
 英語教育 (松原史典) 46/3, 74-77 1997 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
ことばの仕組み:最新英語言語学入門 (2005)
 出版社:金星堂
 ISBN:4-7647-0979-1

ことばの意味と使用:日英語のダイナミズム(2010)
 出版社:鳳書房
 ISBN:978-4-902455-25-0

■ 研究業績(口頭・ポスター)
A Syntactic Riddle: Experiencer Phrases (高知英語学英語教育研究会 第1回大会 2010 口頭発表)

前置詞句主語の認可条件について (英語語法文法学会 第16回大会シンポジウム 2008 口頭発表)

Try-Type To-Infinitival Complements (高知言語学言語教育研究会 第1回大会 2008 口頭発表)

Subject Raising in Exceptional Case-Marking Complements, Want-TypeTo-Infinitival Complements, and These Complement Types (広島言語文化談話会 第274回大会 2006 口頭発表)

A Minimalist Approach toTo-Infinitival Complements andNo More ECM Relations (日本英語学会 第22回全国大会 2004 口頭発表)

A Minimalist Approach to To-Infinitivals in Middle English (広島言語文化談話会 第250回大会 2003 口頭発表)

Belfast EnglishのTo不定詞句補部に対するミニマリスト・アプローチ (日本言語学会 第123回全国大会 2001 口頭発表)

pP Phases (日本英文学会中国四国支部 第53回大会シンポジアム 2000 口頭発表)

A Minimalist Approach toDerivation of Passives (広島言語文化談話会 第214回大会 1999 口頭発表)

補文標識か、前置詞か?― for/to/ofの統語的ふるまいについて― (広島言語文化談話会 第210回大会 1999 口頭発表)

The Zero Complementizer inEmbedded Wh-Questions in Standard English Type (日本言語学会 第117回全国大会 1998 口頭発表)

On the Syntactic Status of the By-phrase in the Passive (広島言語文化談話会 第194回大会 1997 口頭発表)

On Except-Constructions in English (広島言語文化談話会 第191回大会 1997 口頭発表)

Backward Binding with Psychological Predicates (日本言語学会 第114回全国大会 1997 口頭発表)

分離I仮説とNegP (広島言語文化談話会 第187回大会 1997 口頭発表)

The Syntactic Position of a By-phrase in the Passive (日本言語学会 第108回全国大会 1994 口頭発表)

二重目的語構文の項構造 (日本言語学会 第105回全国大会 1992 口頭発表)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る