■ 氏名
吉尾 寛 (ヨシオ ヒロシ)
YOSHIO Hiroshi

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Humanities and Social Science Cluster, Humanities and Social Science Unit/Professor
教育研究部 人文社会科学系 人文社会科学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Humanities and Social Sciences, Department of Humanities and Social Sciences, Humanities Course
人文社会科学部 人文社会科学科 人文科学コース

■ 連絡先
住 所高知市曙町2-5-1 高知大学人文学部
電 話
F A X
E-Mail
U R Lhttp://iii.cc.kochi-u.ac.jp/~hyoshio/

■ 出身大学院・研究科等
名古屋大学 博士(文学研究科 史学地理学) 1982 (単位取得満期退学)

■ 出身学校・専攻等
名古屋大学 (文学部 史学科) 1977 (卒業)

■ 取得学位
博士(歴史学) (論文) 名古屋大学 東洋史

■ 研究職歴
1982-2002 愛知江南短期大学 教員
2002- 高知大学 教授

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
名古屋大学東洋史研究会
 ( 国内)
東洋史研究会
 ( 国内)

■ 専門分野
中国近世史

■ 主な研究テーマ・活動
1.中国・明末清初期の地域社会の変動
2.中国・明末の財政に関する数量分析
3.内藤湖南と20世紀前半の日中関係
4.16・17世紀の日本(土佐)と中国(明)における海洋交流

■ 研究についてのPR
・現在と未来の方向性を考えられる歴史研究をめざす
・一人の人物の思考・行動様式を通して時代の特質・潮流をはかる
・一つの地域社会のあり方(構造と変動)から時代の特質・潮流をはかる

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
・明代・清代を中心にした中国近世の歴史全般
・内藤湖南と同時代の中国・日本

■ 研究業績(論文・解説)
戦後日本の明清史研究における土地所有より地域社会への道程−森史学によせて−
 名古屋大学東洋史研究報告 () (25), 3-34/, 2001 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
明末の流賊反乱と地域社会(2001)
 出版社:波古書院

内藤湖南の世界(共著)(2001)
 出版社:河合文化教育研究所

山海関之戦与郷紳(2001)
 出版社:第八届明史国際学術討論会論文集

明末“流寇叛乱”与区域社会(2003)
 出版社:第九届明史国際学術討論会曁傳衣凌教授誕辰九十周年紀念論文集

明末の戸部尚書軍自厳の兵食向運営に対する一視点―『度支奏議』「堂稿」部に記載される数値史料を手がかりにして―(2004)
 出版社:『中国近世社会の秩序形成』

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る