■ 氏名
臼井 朗 (ウスイ アキラ)
USUI Akira

■ 所属部局/職名
その他/特任教授

■ 学部・学科・コース等
Center for Advanced Marine Core Research
海洋コア総合研究センター

■ 連絡先
住 所高知市曙町2−5−1 高知大学理学部門地球科学コース
電 話088-844-8319
F A X088-844-8319
E-Maila-usui●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.cc.kochi-u.ac.jp/~a-usui/
http://sc1.cc.kochi-u.ac.jp/~usui2/

■ 出身大学院・研究科等
東京大学 博士(工学研究科 ) (修了)

■ 出身学校・専攻等
東京大学 (工学部 資源開発工学科) (卒業)

■ 取得学位
工学博士 (課程) 東京大学

■ 研究職歴
産業技術総合研究所(旧工業技術院地質調査所)海洋資源環境部門研究室長

■ 委員歴・役員歴
President, Internatonal Marine Minerals Society (2007-2008)


■ 受賞学術賞
鉱山地質学会賞 (1975)

■ 所属学会
日本地学協会
 ( 国内)
日本地質学会
 ( 国内)
日本地球化学会
 ( 国内)
資源地質学会
 ( 国内)
International Marine Minerals Society
 ( 国内)

■ 専門分野
海底資源地学,海洋地質学、応用鉱物学

■ 主な研究テーマ・活動
マンガン団塊の鉱物化学
海底鉱物資源の形成過程,形成条件
鉄マンガン酸化物による古海洋環境復元
日本周辺海域の鉱物資源探査・評価事業への貢献

■ 研究についてのPR
鉱物資源の不足・枯渇が世界的な課題と認識され、資源開発のフロンティアは海底にまで拡大されようとしている。海洋は大きな可能性を秘めているが、一方で科学的理解は十分とは言えない。「深海底は資源の宝庫か」という大きな課題の解決に対して地球科学的アプローチは大きな貢献が可能である。 そこで、資源物質の濃集過程は地球表層における物質循環の一局面であることを踏まえつつ、海底鉱物資源の形成環境とプロセスを明らかにし、探査、処理、環境対策に貢献することを目指している。国内外の研究者・研究機関と研究,調査を進めています。若い方の参加を歓迎します。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
例えば
「海洋のしくみと我々の暮らし」、「鉱物資源からみた海洋」 、「地球環境と海洋」、「海洋の恵みと不思議」、「我が国周辺海域の海底鉱物資源」

■ 研究業績(論文・解説)
Ultrafine-scale magnetostratigraphy of marine ferromanganese crust
 Geology (Oda,H.,Usui,A.,Miyagi,I.,Joshima,M.,Weiss,B.P.,Shantz,C.,Fong,L.E.,andBaudenbacher,F.J.) 39/3, 227-230 2011 (学術雑誌)

Molecular characterization of the microbial community in hydrogenetic ferromanganese crusts of the Takuyo-Daigo Seamount, northwest Pacific
 FEMS Microbiology Letters (Nitahara,S.,Kato,S.,Urabe,T.,Usui,A.,andYamagishi,A.) /321, 121-129 2011 (学術雑誌)

深海に眠る金属資源
 LIBERATION 理学編 (臼井朗) 16/, 2010 (その他)

深海底レアメタル資源:マンガン団塊とマンガンクラストの研究・開発に期待
 エネルギーレビュー (臼井朗) /8, 2010 (その他)

Introduction to the SpecialIssue on Marine Minerals including a review of papers from the IGC2008 Marine Minerals Symposium.
 Marine Georesources & Geotechnology (D.S. Cronan, P. A. Rona, and A. Usui ) 28/3, 189-191 2010 (学術雑誌)

Geophysical and Geological Exploration of Cobalt-rich Ferromanganese Crusts: An Attempt of Small-scale Mapping on a Micronesian Seamount.
 Marine Georesources & Geotechnology (A. Usui and N. Okamoto ) 28/3, 192-206 2010 (学術雑誌)

Growth history and formation environments of ferromanganese deposits on the Philippine Sea Plate, northwest Pacific Ocean.
 Island arc 16 (3) (Usui, A., Graham, I., Ditchburn, R.G., Zondervan, A. et al.) /, 420-430 2007 (学術雑誌)

Chemical and structural control of the partitioning of Co, Ce, and Pb in marine ferromanganese oxides.
 Geochim. Cosmochim. Acta 71 (Takahashi, A., Manceau, A. Geoffroy, A.,Marcus, M. and Usui, A. ) /, 984-1008 2007 (学術雑誌)

日本周辺海域海底鉱物資源:コバルトリッチクラスト
 金属資源レポート (臼井朗) 36/2, 97-104 2006 (学術雑誌)

Evidence of hydrothermal venting in Fe isotope compositions of deep Pacific Ocean through time.
 Earth Planetary Science Letters, 245 (Chu, NC, CM Johnson, BL Beard, RG German, RW Neslitt, M Frank, P Bohn, PW Kubik, A Usui and I Graham ) /, 202-217 2006 (学術雑誌)

Factors controlling the grade and abundance of the ferromanganese crusts :A case study in the Northwestern Pacific Ocean.
 Proc.6th Ocean Mining Symposium, Changsa (Usui, A) /, 25-27 2005 (学術雑誌)

Geological Study of Co-rich Ferromanganese Crusts Using a Camera-mounted Drill Machine in the Marshall Islands Area. In: Proc.
 5th Ocean Mining Symposium, Tsukuba, Japan. (Usui, A.,Matsumoto, K. et al.) /, 12-15 2003 (学術雑誌)

日本近海に眠る鉱物資源-現状と展望-
 電気協会誌 (臼井朗) /H15-2月号, 25-28 2003 (学術雑誌)

海洋の鉄・マンガン鉱床
 資源地質学会編「資源環境地質学」 (臼井朗 ) /, 77-86 2002 (学術雑誌)

Characterization of Mn oxides in cemented streambed crusts from Pinal Creek, Arizona, U.S.A., and in hot-spring deposits from Yono-Taki Falls, Hokkaido, Japan. Amer.
 Mineralogist (Bilinski, H., Giovanoli, R., Usui, A. and Hanzel, D. ) 87/, 580-59 2002 (学術雑誌)

ジオグラフィックス・ジャパン
 (理科年表別冊CD) 丸善出版 (鹿野和彦編集(共同執筆)) /, 2002 (学術雑誌)

粒の世界
 日刊工業新聞社 (関口勲ほか編集(共同執筆)) /, 176pp 2001 (学術雑誌)

海底における重金属の濃集。日本周辺海域の例
 地質ニュース (飯笹幸吉・臼井朗) 551/, 2000 (学術雑誌)

「白嶺丸」航海が生んだ研究成果 -海底鉱物資源(マンガン団塊など)を例として-
 地質ニュース (臼井朗) /550, 2000 (学術雑誌)

Submarine hydrothermal mineralizatino on the Izu-Bonin arc
 south of Japan: an Overview (Glasby, G.P., Iizasa, K., Yuasa, M. and Usui, A.) 18/, 141-176 2000 (学術雑誌)

Mode of occurrence of iron-manganese crusts on inactive seamounts in the northwestern Pacific back-arc setting.
 Proc. ISOPE Ocean Mining Symposium, (Usui, A., Ishizuka, O., Makoto, M. ) /, 91-96 1999 (学術雑誌)

科学の目
 常陽アーク1999年12月号 (臼井朗) /, 1999 (学術雑誌)

Geochemistry of low-temperature water-rock interalction:evidence from natural waters, andesite, and iron-oxyhydroxide precipitates at Nishiki-numa iron-spring, Hokkaido, Japan.
 Chem Geol (Bau, M., Usui, A., Pracejus, B., Mita, N., Kanai, Y., Irber, W., and Dulski, P. ) 151/, 293-307 1998 (学術雑誌)

Distribution, mineralogy and composition of submarine hydrothermal manganese and iron crusts.
 Island Arc (Usui, A. and Glasby, G.P. ) 7/, 422-431 1998 (学術雑誌)

マンガンクラスト,マンガン団塊に海洋環境の変遷が記録されているか?
 地質ニュース529号 (臼井朗 ) /, 21-30 1998 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
海底鉱物資源(2010年)
 出版社:オーム社
 ISBN:978-4-274-50287-3

■ 研究業績(口頭・ポスター)
現世及び新生代海洋におけるマンガンクラストの形成史と環境変遷 (日本地質学会年会 2011 口頭発表)

海底マンガン鉱床の地球科学:再評価と新展開 (日本地質学会四国支部講演会 2011 口頭発表)

Observation and Sampling of the Seamount Ferromanganese Crusts with a Remotely Operated Vehicle (ROV) : Advantages in Geochemical and Geological Characterization (40th Underwater Mining Institute Conference 2011 口頭発表)

Small-scale ROV Mapping of the Ferromanganese Crusts over the Seamounts in the NW Pacific. (OCEANS 2011 口頭発表)

鉄・マンガンクラストの生成環境と成長プロセス:ハイパードルフィンによる詳細マッピングと微細スケール解析 (ブルーアース2010 2010 口頭発表)

北西太平洋海山域における海水起源マンガンクラストの成長過程と組成変動 (日本地球化学会 2010 ポスター)

Ocean as frontiers of mineral resouces (Earth Watch 2010 口頭発表)

■ 研究業績(特許)
「新規微生物,微生物共生体,培養方法及びこれを用いた水処理方法」(発明 者1%)
 3321592

■ 研究業績(その他の活動)
科研費補助金C(2003-2004)受託研究等

科研費補助金C(2011-2013)受託研究等

第三十回 寺田虎彦記念賞(2011年)その他


前ページへ戻る