■ 氏名
溝渕 俊二 (ミゾブチ シュンジ)
MIZOBUCHI Shunji

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Medical Sciences Cluster, Nursing Science Unit/Professor
教育研究部 医療学系 看護学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Medical School, Nursing Course, Clinical Nursing Science
医学部 看護学科 臨床看護学

■ 連絡先
住 所
電 話088-880-2564
F A X
E-Mailmizoshun●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.kochi-ms.ac.jp/~smlab/

■ 出身大学院・研究科等
高知医科大学 博士(医学研究科 ) 1988 (修了)

■ 出身学校・専攻等
高知医科大学 (医学部 医学科) 1984 (卒業)

■ 取得学位
博士 (課程) 高知医科大学

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本外科学会 (認定医・認定登録医)
 ( 国内)
日本消化器外科学会 (指導医)
 ( 国内)
日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医(2008年3月23日〜2010年12月31日)
 ( 国内)
日本胸部外科学会 (指導医・正会員)
 ( 国内)
日本消化器内視鏡学会 (専門医・指導医)
 ( 国内)
日本静脈経腸栄養学会(認定医)
 (評議員 国内)
日本がん治療認定医機構 暫定教育医
 ( 国内)
日本食道学会(食道科認定医 2009年1月1日〜2013年12月31日)
 ( 国内)
日本病態栄養学会
 (評議員 国内)

■ 専門分野
医学/ 外科学/ 消化器外科、食道外科、臨床栄養

■ 主な研究テーマ・活動
研究テーマ:
1. ユズ種子オイルの機能性解析
2. 非特異的能動免疫療法に関する研究
活動:
院内の栄養サポートチーム(NST)のチェアマンとして活動している。

■ 研究についてのPR
 ユズ種子オイルは、馬路村農業協同組合が独自に製造する新規素材である。ユズ種子を圧搾して得られた原油から残渣を除去した「未精製オイル」の経口摂取による抗酸化能と未精製オイルを精製した「精製オイル」の塗布によるアトピー性皮膚炎や老人性乾皮症に対する効果に関する検討を行い、ヒト介入試験において良好な結果を得ている。
 近年高齢化に伴い、超高齢者に対する手術が増加している。高齢者の術前免疫能は若年者に比較し低下しており、術後の合併症の頻度も高い傾向にある。したがってその術前免疫能を高めるために、食品であるβ-グルカンを用いた非特異的能動免疫療法に取り組んでいる。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
院内における栄養サポートチーム(NST)の役割
β-グルカンについてー身体の抵抗力を高めるためにー

■ 研究業績(論文・解説)
Effect of a nucleoside-nucleotide mixture on protein metabolism in rats after seventy percent hepatectomy
 Nutrition (Ogoshi S, Mizobuchi S, Iwasa M, Tamiya T.) 5/3, 173-8 1989 (学術雑誌)

Multiple primary carcinoma of the oesophagus
 Surgical Oncology (Mizobuchi S, Kato H, Tachimori Y, Watanabe H, Yamaguchi H, Itabashi M.) 2/4, 249-253 1993 (学術雑誌)

Cervical, mediastinal, and abdominal lymph node dissection (three-field dissection) for superficial carcinoma of the thoracic esophagus.
 Cancer (Kato H, Tachimori Y, Mizobuchi S, Igaki H, Ochiai A.) 72/10, 2879-82 1993 (学術雑誌)

Esophageal carcinoma simultaneously associated with gastric carcinoma: analysis of clinicopathologic features and treatments
 J Surg Oncol (Kato H, Tachimori Y, Watanabe H, Mizobuchi S, Igaki H, Yamaguchi H, Ochiai A.) 56/2, 122-7 1994 (学術雑誌)

高齢者食道癌―食道癌手術における高齢者の定義―
 日本消化器外科学会雑誌 (溝渕俊二, 加藤抱一, 日月裕司, 梅村彰尚,森田浩文, 渡辺 寛) 27/11, 2376-83 1994 (学術雑誌)

Absence of Human Papillomavirus-16 and -18 DNA and Epstein-Barr Virus DNA in Esophageal Squamous Cell Carcinoma
 Jpn J Clin Oncol (Mizobuchi S, Sakamoto H, Tachimori Y, Kato H, Watanabe H, Terada M.) 27/1, 1-5 1997 (学術雑誌)

Metastatic Esophageal Tumors from Distant Primary Lesions: Report of Three Esophagectomies and Study of 1835 Autopsy Cases
 Jpn J Clin Oncol (Mizobuchi S, Tachimori Y, Kato H, Watanabe H, Nakanishi Y, Ochiai A.) 27/6, 410-414 1997 (学術雑誌)

Free forearm flap reconstruction of the posterior tracheal wall invaded by esophageal carcinoma
 J Reconstr Microsurg (Nakatsuka T, Kato H, Ebihara S, Mizobuchi S, Hirano K, Harii K.) 14/5, 305-8 1998 (学術雑誌)

Pure red cell aplasia and myasthenia gravis with thymoma: a case report and review of the literature
 Jpn J Clin Oncol (Mizobuchi S, Yamashiro T, Nonami Y, Yamamoto A, Kume M, Nakaya H, Sawada T, Taguchi H, Moriki T, Ogoshi S.) 28/11, 696-701 1998 (学術雑誌)

Primary T-cell lymphoma of the duodenum: report of a case
 Surg Today (Mizobuchi S, Yamashiro T, Ohmori Y, Ogoshi S, Sonobe H.) 29/4, 354-7 1999 (学術雑誌)

Association Between p53 Immunostaining and Cigarette Smoking in Squamous Cell Carcinoma of the Esophagus
 Jpn J Clin Oncol (Mizobuchi S, Furihata M, Sonobe H, Ohtsuki Y, Ishikawa T, Murakami H, Kurabayashi A, Ogoshi S, Sasaguri S.) 30/10, 423-428 2000 (学術雑誌)

Endoscopic clip application for closure of an esophagomediastinal-tracheal fistula after surgery for esophageal cancer.
 Gastrointestinal Endoscopy (Mizobuchi S, Kuge K, Maeda H, Matsumoto Y, Yamamoto M, Sasaguri S.) 57/7, 962-965 2003 (学術雑誌)

Submucosal territory of the direct lymphatic drainage system to the thoracic duct in the human esophagus.
 J Thorac Cardiovasc Surg (Kuge K, Murakami G, Mizobuchi S, Hata Y, Aikou T, Sasaguri S.) 125/6, 1343-9 2003 (学術雑誌)

Co-existence of early esophageal carcinoma and leiomyoma: a case report
 Jpn J Clin Oncol (Mizobuchi S, Kuge K, Matsumoto Y, Yokoyama Y, Ookawauchi K, Tamura S, Kurabayashi A, Sasaguri S.) 34/12, 751-754 2004 (学術雑誌)

胃癌腹膜播種形成阻止を目的としたビリルビン腹腔内投与
 癌の臨床 (溝渕俊二, 鈴木稜子, ラオ パリジャタ, 山口登喜夫, 朝海 怜, 笹栗志朗) 51/, 11-7 2005 (学術雑誌)

Stenting for ischemic tracheal stricture following surgery for esophageal cancer.
 Esophagus (Mizobuchi S, Kume M, Kuge K, Matsumoto Y, Anayama T, Sasaguri S.) 2/, 103-6 2005 (学術雑誌)

MCI-186 inhibits tumor growth through suppression of EGFR phosphorylation and cell cycle arrest.
 Anticancer Res (Suzuki R, Gopalrao RK, Maeda H, Rao P, Yamamoto M, Xing Y, Mizobuchi S, Sasaguri S.) 25/2A, 1131-8 2005 (学術雑誌)

Novel use of Weerda laryngoscope to remove early cervical esophageal cancer.
 Ann Thorac Surg (Mizobuchi S, Nakatani H, Akimori T, Kuge K, Okazaki Y, Sasaguri S.) 79/6, e34-5 2005 (学術雑誌)

Bilirubin exhibits a novel anti-cancer effect on human adenocarcinoma.
 Biochem Biophys Res Commun (Rao P, Suzuki R, Mizobuchi S, Yamaguchi T, Sasaguri S.) 342/4, 1279-83 2006 (学術雑誌)

Potential foramen to allow communication between the pleural cavity and retroperitoneal space during laparoscopic surgery: a cadaver study of Bochdalek
 Surg Radiol Anat (Kawada M, Murakami G, Yajima T, Sato TJ, Mizobuchi S, Sasaguri S.) 29/2, 105-13 2007 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)
ユズ種子オイルの抗アトピー性皮膚炎効果に関する研究 (第24回日本アレルギー学会春季臨床大会(大阪) 2012 ポスター)

ユズ種子オイルの抗アトピー性皮膚炎に対する基礎的研究 (第32回日本看護科学学会学術集会(東京) 2012 ポスター)

Oral administration of yuzu seed oil inhibits the development of atopic dermatitis-like skin lesions in NC/Nga mice. (第41回日本免疫学会学術集会(神戸) 2012 口頭発表)

NC/Ngaマウスに対するユズ種子オイルの経口投与によるアトピー性皮膚炎抑制効果に関する研究 (第28回日本静脈経腸栄養学会学術集会(金沢) 2013 口頭発表)

ユズ種子オイルの経口摂取による抗酸化能に関する研究 (第13回日本抗加齢医学会総会(横浜) 2013 口頭発表)

Topical application of the yuzu seed oil inhibits mite-antigen induced atopic dermatitis in NC/Nga mice. (15th International Congress of Immunology, Milan, Italy 2013 ポスター)

The inhibitory effects of yuzu seed oil to atopic dermatitis-like model mice by oral administration. (15th International Congress of Immunology, Milan, Italy 2013 ポスター)

ユズ種子オイルによるアトピー性皮膚炎および老人性乾皮症の症状に対する緩和効果の検討 (第35回日本看護科学学会学術集会(広島) 2015 ポスター)

■ 研究業績(特許)
抗アレルギー性皮膚炎外用剤
 特許第5871227号

ジンゲロール含有組成物
 特許第5906541号

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る