■ 氏名
平岡 雅規 (ヒラオカ マサノリ)
HIRAOKA Masanori

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Multidisciplinary Science Cluster, Kuroshio Science Unit/Associate Professor
教育研究部 総合科学系 黒潮圏科学部門/准教授

■ 学部・学科・コース等
Science Research Center, Oceanography Section, Usa Institute of Marine Biology
総合研究センター 海洋部門 海洋生物研究教育施設

■ 連絡先
住 所
電 話088-856-0462
F A X
E-Mailmhiraoka●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等
神戸大学 博士(自然科学研究科 ) 1997 (中退)
愛媛大学 博士(連合農学研究科 ) ()

■ 出身学校・専攻等
神戸大学 (理学部 生物学科) 1991 (卒業)

■ 取得学位
学術博士 (論文) 愛媛大学 水産学一般

■ 研究職歴
2001-2003 NEDOフェロー

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞
第7回日本藻類学会論文賞 (2003)

■ 所属学会
日本藻類学会
 ( 国内)

■ 専門分野
海藻類の生殖生理、緑藻類の系統分類、海洋深層水の養殖利用、有用海藻増養殖

■ 主な研究テーマ・活動
緑藻アオサ類の系統分類と生殖戦略
アオサ類の大量発生“グリーンタイド”の生理生態研究
海洋深層水や地下海水を使った有用海藻の増養殖
磯焼け回復・藻場造成
海藻による汚水からの栄養塩除去
海藻を使ったベンチャー・地域活性化

■ 研究についてのPR
海藻を使って、基礎から応用まで幅広く研究しています。
基礎研究では海藻類でも緑藻アオサ類の生殖について長年取り組んでいます。特に有性生殖と無性生殖の進化に興味をもっています。また、アオサ類が大量繁殖する現象“グリーンタイド”についての生理生態研究も行なっています。
応用研究では有用海藻の増養殖を効率よく行なうシステムを開発し、海藻の生産や、汚水からの栄養塩除去に利用しています。これまで研究を積み重ねてきた成果が、平成16年6月に高知県室戸市に大規模深層水アオノリ陸上養殖施設完成として実を結びました。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
海洋植物学・藻類学
海藻養殖技術
海藻を利用した水産ベンチャー

■ 研究業績(論文・解説)
Crossing test among floating Ulva thalli forming "green tide" in Japan
 Hydrobiologia (M. Hiraoka, M. Ohno, S. Kawaguchi and G. Yoshida) 512/, 239-245 2004 (学術雑誌)

A new green-tide-forming alga, Ulva ohnoi (Ulvales, Ulvophyceae) from Japan
 Phycological Research (M. Hiraoka, S. Shimada, M. Uenosono and M. Masuda) 52/, 17-29 2004 (学術雑誌)

Utilization of deep seawater for the mariculture of seaweeds in Japan
 Japanese Journal of Phycology (M. Hiraoka, M. Ohno, A. Dan and N. Oka) 52/supplement, 215-219 2004 (学術雑誌)

Growth of abalone fed on Undria pinnatifida (Alariaceae, Phaeophyceae) cultivated as free living form “germling cluster” in deep seawater.
 Jpn. J. Phycol. (N. Oka, M. Hiraoka and T. Nishijima) 52/Supplement, 225-230 2004 (学術雑誌)

スジアオノリ藻体からの抽出液がスジアオノリ初期形態形成におよぼす影響
 水産増殖 (團昭紀・平岡雅規・大野正夫・能登谷正浩) 51/, 165-172 2003 (学術雑誌)

Different life histories of Enteromorpha prolifera (Ulvales, Chlorophyta) from four rivers on Shikoku Island
 Phycologia (M. Hiraoka, A. Dan, S. Shimada, M. Hagihira, M. Migita and M. Ohno) 42/, 275-284 2003 (学術雑誌)

Asexual life history by quadriflagellate swarmers in Ulva spinulosa (Ulvales, Ulvophyceae)
 Phycological Research (M. Hiraoka, S. Shimada, M. Ohno and Y. Serisawa) 51/, 29-34 2003 (学術雑誌)

Two different genetic strains of stalked-Ulva (Ulvales, Chlorophyta) grow on the intertidal rocky shore in Ebisujima, central Japan
 Phycological Research (M. Hiraoka, S. Shimada, Y. Serisawa, M. Ohno and H. Ebata) 51/, 161-167 2003 (学術雑誌)

Observations on the effect of salinity and photon fluence rate on the induction of sporulation and rhizoid formation in the green alga Enteromorpha prolifera (Muller) J. Agardh (Chlorophyta, Ulvales).
 Fisheries Science (A. Dan, M. Hiraoka, M. Ohno and A.T. Critchley) 68/, 1182-1188 2002 (学術雑誌)

海洋深層水と表層海水を用いたオフシーズンのワカメの屋内タンク培養
 日本水産学会誌 (大野正夫・團昭紀・平岡雅規・鍋島浩) 66/, 737-738 2000 (学術雑誌)

異なる温度条件下におけるスジアオノリのクローン藻体の成長と成熟
 日本水産学会誌 (平岡雅規・團昭紀・萩平将・大野正夫) 65/, 302-303 1999 (学術雑誌)

博多湾に生育するアオサマ2型の生殖的隔離について
 藻類 () 46/, 161-165 1998 (その他)

■ 研究業績(著書)
有用海藻誌(大野正夫編) 平岡雅規・嶌田智.アオサ類 p14-23 (2004)
 出版社:内田老鶴圃

アオサの利用と環境修復(能登谷正浩編) 平岡雅規. 成熟と繁殖.p25-32(1999)
 出版社:叶ャ山堂書店

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)
緑藻アオサ目の生殖細胞の形成誘導法
 特許第3072469号

胞子および発芽体の集塊化による海藻養殖法
 特願2000-404228

幼体を連結した藻類の生鮮品と生鮮加工品
 特願2002-281961

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る