■ 氏名
市川 善康 (イチカワ ヨシヤス)
ICHIKAWA Yoshiyasu

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Science and Technology Unit/Professor
教育研究部 自然科学系 理工学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Science and Technology
理工学部 化学生命理工学科

■ 連絡先
住 所
電 話088-844-8292
F A X
E-Mailichikawa●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 卒業大学及び大学院等
名古屋大学大学院 農学研究科博士課程

■ 学位(種類)
農学博士

■ 所属学会
 日本化学会、日本農芸化学会、有機合成化学協会、国際複素環化学会、日本糖質学会

■ 専門分野
天然物化学、有機合成化学

■ 主な研究テーマ・活動
1) 天然物化学
2) 有機合成化学
3) 生物有機化学
4) 糖を出発原料とする新規バイオマテリアルの開発

■ 研究についてのPR
 生命現象を支配する物質群を研究の対象とし、生物有機化学的アプローチを基盤として、生体機能解明に関する研究を行っています。具体的には、海洋生物が産する低分子の生理活性物質を研究対象として選び、有機合成化学の手法を用いて実験室で分子を組み立てます。人工的に合成した分子を用いて、生物活性発現機構研究の展開を目指します。また生体機能物質として注目を集めている糖鎖と配糖体の分子設計と合成に関する研究も展開中です。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
有機化学、有機合成化学。

■ 研究業績
1. Synthesis of (−)-Agelastatin A by [3.3] Sigmatropic Rearrangement of Allyl Cyanate. Ichikawa, Y.; Yamaoka, T.; Nakano, K.; Kotsuki, H. Org. Lett. 2007, 9, 2989−2992.
2. Stereoselective Synthesis of syn- and anti-1,2-Aminoalcohols Using Iridium-catalyzed Allylic Amination Reactions. Ichikawa, Y.; Yamamotoa, S-I.; Kotsuki, H.; Nakano, K. Synlett 2009, 2381−2386
3. Ichikawa, Y. Evolution, Development and Personal Experience of [3.3] Sigmatropic Rearrangement of Allyl Cyanate. Synlett 2007, 2927−2936.


前ページへ戻る