■ 氏名
尾形 凡生 (オガタ ツネオ)
OGATA Tsuneo

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Natural Sciences Cluster, Agriculture Unit/Professor
教育研究部 自然科学系 農学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Faculty of Agriculture and Marine Science, Department of Agriculture, Forestry, Bioresource and Environmental Sciences
農林海洋科学部 農林資源環境科学科

■ 連絡先
住 所
電 話088-864-5124
F A X
E-Mailfsogata●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R Lhttp://www.geocities.jp/kazyuken/

■ 出身大学院・研究科等
京都大学 修士(農学研究科 農学) 1985 (修了)

■ 出身学校・専攻等
京都大学 ( 農学科) 1983 (卒業)

■ 取得学位
農学修士 (課程) 京都大学 園芸学・造園学
博士(農学) (論文) 大阪府立大学 園芸学・造園学

■ 研究職歴
1985-1987 京都大学附属農場 助手
1987-1996 大阪府立大学農学部 助手
1996-2000 大阪府立大学大学院農学生命科学研究科 講師
2000-2004 大阪府立大学大学院農学生命科学研究科 助教授
2004- 高知大学農学部助教授 


■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
園芸学会
 ( 国内)
植物化学調節学会
 ( 国内)
日本農芸化学会
 ( 国内)
日本生物環境調節学会
 ( 国内)
米国園芸学会 American Society of Horticultural Science
 ( 国外)
国際柑橘学会日本支部
 ( 国内)
根の研究会
 ( 国内)
園芸学会 中四国支部会
 ( 国内)

■ 専門分野
熱帯果樹園芸学、暖地果樹園芸学、柑橘学、植物成長調節学

■ 主な研究テーマ・活動
○果樹の成長生理、生殖生理
○果樹栽培におけるケミカルコントロール技術の開発・改良
○接ぎ木における組織再生と自他認識メカニズムの解明
○熱帯性果樹の導入など、高知県内での特産地化を目指した新規資源の探索や栽培技術の開発

■ 研究についてのPR
 熱帯性および暖地性の果樹を研究対象として,樹体や果実の成長制御技術の開発・改良、ならびに技術の裏付けとなる花芽形成、受精、着果、胚珠と種子の発達、果実肥大などの生理メカニズムの解明に取り組んでいます。
 現在、各種果樹類における果実の無核化、ならびに種なし果実の品質向上を目標として、土佐文旦、小夏、カキ、マンゴーなどの果実を種なしにする技術、および種なしにした果実の品質向上技術の開発を行っています。また、接ぎ木における穂木と台木の間における自己と他者の認識メカニズム、および接ぎ木を介した樹体成長制御メカニズムについても興味を持っています。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
○農場での体験実習
○「植物生理活性物質からみた果樹の成長とその制御」、「接ぎ木活着の生理−なぜ接げるのか/なぜ接げないのか」、「種なし果物の作り方」など、果樹の栽培生理に関するテーマ。
○「家庭果樹の楽しみ」、「世界のカンキツ・高知のカンキツ」、「小さく育てる庭園果樹」など果樹園芸の入門的テーマ。
○「くだものを解剖してみよう」などの小学生向けの実験・実習。

■ 研究業績(論文・解説)
Healing process the wounds of the branches of the Japanese persimmon that were caused by girdling,scoring,and strangulation
 Scientia Horticulturae (Kazutoshi Hamada,Tsuneo Ogata,Shinji Fujiwara,Kojiro Hasegawa) 120/2, 276-281 2009 ()

The growth of tannin cells from before flowering to fruit maturity and astringency in Japanese persimmons
 Journal of Horticultural Science & Biotechnology (Kazutoshi Hamada,Kojiro Hasegawa,Tsuneo Ogata) 84/1, 72-76 2009 (学術雑誌)

Effects of CPPU and strapping on fruit size and maturity in 'Hiratanenashi' Japanese persimon
 Journal of Horticultural Science & Biotechnology (Kazutoshi Hamada, Kojiro Hasegawa, Tsuneo Ogata) 83/4, 477-480 2008 ()

Seed abortion of ‘Tosa-Buntan’ pummelo pollinated with soft-X-irradiated pollens
 Scientia Horticulturae (Tsuneo Ogata,Tomoya Takeichi,Kazunori Matsunaga,Kojiro Hasegawa,Shinzo Yamane,Keita Sugiyama) 116/2, 180-185 2008 (学術雑誌)

Strapping and a synthetic cytokinin promote cell enlargement in‘Hiratanenashi’ Japanese persimmon
 Plant Growth Regulation (Kazutoshi Hamada,Kojiro Hasegawa,Tsuneo Ogata) 54/, 225-230 2008 (学術雑誌)

The relationship between fruit size and cell division and enlargement in cultivated and wild persimmons
 Journal of Horticultural Science & Biotechnology (Kazutoshi Hamada,Kojiro Hasegawa,Akira Kitajima,Tsuneo Ogata) 83/2, 218-222 2008 (学術雑誌)

高知における最近20年のカキの萌芽,開花および満開期と気温との関係
 植物環境工学 (長谷川耕二郎,尾形凡生) 19/4, 175-181 2007 ()

Chromosome identification and characterization in trifoliate orange (Poncirus trifoliate (L.) Raf.) by CMA and PI/DAPI staining and GISH
 Journal of the Japanese Society for Horticultural Science (Bannarat Preedasuttijit,Akira Kitajima,Atsu Yamasaki,Tsuneo Ogata,Kojiro Hasegawa) 76/3, 197-204 2007 (学術雑誌)

単年および2年連続の側枝結縛処理がカキ‘平核無’および‘大核無’の果実発育に及ぼす影響
 農業生産技術管理学会誌 (浜田和俊,長谷川耕二郎,北島宣,尾形凡生) 14/1, 43-48 2007 (学術雑誌)

Effect of ethephon(2-chloroethylphosphonic acid) on the fruit ripening characters of rabbiteye blueberry
 Scientia Horticulturae (Tatsuya Ban,Mihoko Kugishima,Tsuneo Ogata,Shuji Shiozaki,Shosaku Horiuchi, Hisafumi Ueda) 112/3, 278-281 2007 (学術雑誌)

Regeneration of the vascular bundle at the graft interface in auto- and heterografts with juvenile nucellar seedlings of satsuma mandarin, yuzu and trifoliate oranges
 Journal of the Japanese Society for Horticultural Science (Tsuneo Ogata,Yohei Kabashima,Shuji Shiozaki,Shosaku Horiuchi) 74/3, 214-220 2005 (学術雑誌)

エビズルおよびブドウ栽培品種の発育相と巻きひげおよび花房誘導との関係
 園芸学会雑誌 (卓小能,塩崎修志,尾形凡生,堀内昭作) 72/6, 539-545 2002 (学術雑誌)

ブドウ実生の幼若相から成木相への相転換に伴う葉の形態的変化
 園芸学会雑誌 (卓小能,塩崎修志,尾形凡生,堀内昭作) 71/5, 664-669 2002 (学術雑誌)

Effects of amminoethoxy- vinylglycine and high temperatures on fruit set and fruit characteristics of heat-cultured satsuma mandarin
 Journal of the Japanese Society for Horticultural Science (Tsuneo Ogata,Tomoko Hirota,Shuji Shiozaki,Shosaku Horiuchi,Kenji Kawase, Masao Ohashi) 71/3, 348-354 2002 (学術雑誌)

カキ渋の熟成過程における糖,有機酸および2,3の特性の変化
 園芸学会雑誌 (今井敬潤,塩崎修志,津田智美,中尾義則,尾形凡生,堀内昭作) 70/1, 95-101 2001 (学術雑誌)

The growth of pollen and female reproductive organs of ginkgo between pollination and fertilization
 Journal of the Japanese Society for Horticultural Science (Yoshinori Nakao,Kenji Kawase,Shuji Shiozaki,Tsuneo Ogata,Shousaku Horiuchi) 70/1, 21-27 2001 (学術雑誌)

Endogenous polyamines in the pericarp and seed of the grape berry during development and ripening
 Scientia Horticulturae (Shuji Shiozaki,Tsuneo Ogata,Shousaku Horiuchi) 83/1, 33-41 1999 ()

Changes in indole-3-acetic acid and abscisic acid concentrations during development of the Ginkgo biloba L. ovule
 Journal of Horticultural Science & Biotechnology (Yoshinori Nakao,Shuji Shiozaki,Tsuneo Ogata,Shousaku Horiuchi) 74/6, 768-771 1999 (学術雑誌)

ウメの緑枝挿し発根と枝梢中のソルビトールとの関係
 園芸学会雑誌 (村井泰広,原田久,望岡亮介,尾形凡生,塩崎修志,堀内昭作,向井啓雄,高木敏彦) 68/3, 648-654 1999 (学術雑誌)

ブドウ'キャンベル・アーリー'果粒の成熟に伴う種子内の胚の休眠誘導とアブシジン酸との関係
 園芸学会雑誌 (劉俊松,堀内昭作,尾形凡生,塩崎修志,望岡亮介) 68/3, 585-590 1999 (学術雑誌)

ブドウ'キャンベル・アーリー'の胚の休眠誘導と果粒の成熟との関係
 園芸学会雑誌 (劉俊松,堀内昭作,尾形凡生,塩崎修志,望岡亮介) 68/1, 89-94 2002 (学術雑誌)

Changes in carbohydrate and water content with ovule growth of Ginkgo biloba L.
 Journal of Horticultural Science & Biotechnology (Yoshinori Nakao,Shuji Shiozaki,Tsuneo Ogata,Kenji Kawase,Shousaku Horiuchi) 74/1, 60-63 1999 (学術雑誌)

Localization of abscisic acid in grape berry by immunohistochemical techniques
 Journal of the Japanese Society for Horticultural Science (Shuji Shiozaki,Yoichi Kamata,Tsuneo Ogata,Shousaku Horiuchi,Kenji Kawase) 68/1, 1-9 1999 (学術雑誌)

ウンシュウミカンにおけるアミノエトキシビニルグリシン(AVG)とジベレリン(GA3)の生理落果抑制効果の比較
 近畿中国農業研究 (尾形凡生,藤田博之,塩崎修志,堀内昭作,河瀬憲次,加藤彰宏) 96/, 31-34 1998 (学術雑誌)

ブドウの芽の自発休眠誘導に対するグルタチオンの役割
 園芸学会雑誌 (東部光伸,望岡亮介,堀内昭作,尾形凡生,塩崎修志,黒岡 浩) 67/6, 912-916 1998 (学術雑誌)

ブドウの芽の休眠打破に対するエチレン生合成関連物質の影響
 園芸学会雑誌 (東部光伸,望岡亮介,堀内昭作,尾形凡生,塩崎修志,黒岡 浩) 67/6, 902-906 1998 (学術雑誌)

ブドウの芽の高温による休眠打破時のACCとグルタチオンの役割
 園芸学会雑誌 (東部光伸,望岡亮介,堀内昭作,尾形凡生,塩崎修志,黒岡 浩) 67/6, 897-901 1998 (学術雑誌)

Jasmonic acid effects on gibberellic acid-induced seedlessness in 'Neo Muscat' table grapes
 Journal of Horticultural Science & Biotechnology (Shuji Shiozaki,Mingqi Pan,Tsuneo Ogata,Shousaku Horiuchi,Kenji Kawase) 73/6, 768-773 1998 (学術雑誌)

ブドウ'キャンベル・アーリー'の胚の休眠覚醒に及ぼす胚乳の役割
 園芸学会雑誌 (劉俊松,堀内昭作,尾形凡生,塩崎修志,望岡亮介) 67/5, 728-733 1998 (学術雑誌)

イチョウ(Ginkgo biloba L.)の着粒に対する受粉の必要性と受粉適期について
 園芸学会雑誌 (中尾義則,立石愛,河瀬憲次,尾形凡生,塩崎修志,堀内昭作) 67/5, 753-758 1998 (学術雑誌)

Involvement of polyamines in gibberellin-induced development of seedless grape berries
 Plant Growth Regulation (Shuji Shiozaki,Xiaoneng Zhuo,Tsuneo Ogata,Shousaku Horiuchi) 25/, 187-193 1998 (学術雑誌)

Differences in cell proliferatition and enlargement between seeded and seedless grape berries induced pathenocarpically by gibberellin
 Journal of Horticultural Science (Shuji Shiozaki,Toshiaki Miyagawa,Tsuneo Ogata,Shousaku Horiuchi,Kenji Kawase) 72/5, 705-712 1997 (学術雑誌)

AVGによるウンシュウミカンの生理落果の抑制
 園芸学会雑誌 (尾形凡生,藤田博之,塩崎修志,堀内昭作,河瀬憲次,加藤彰宏) 66/2, 229-234 1997 (学術雑誌)

ウンシュウミカンの栄養器官における内生ジベレリン含量の時期的消長とパクロブトラゾール処理がジベレリン生合成に及ぼす影響
 園芸学会雑誌 (尾形凡生,蓮川博之,塩崎修志,堀内昭作,河瀬憲次,岩垣功,奥田均) 65/2, 245-253 1996 (学術雑誌)

数種の日本原産野生ブドウの芽の休眠と内生ABAおよび新梢内水分含量との関係
 園芸学会雑誌 (望岡亮介,東部光伸,堀内昭作,尾形凡生,塩崎修志,河瀬憲次,黒岡浩,松井弘之) 65/1, 49-54 1996 (学術雑誌)

加温栽培したウンシュウミカンの着花に及ぼすジベレリン生合成阻害物質の効果
 近畿中国農業研究 (尾形凡生,植田栄仁,塩崎修志,堀内昭作,河瀬憲次) 90/, 3-8 1995 (学術雑誌)

ウンシュウミカンの着花に及ぼすジベレリン生合成阻害物質の効果
 園芸学会雑誌 (尾形凡生,植田栄仁,塩崎修志,堀内昭作,河瀬憲次) 64/2, 251-259 1995 (学術雑誌)

Synergism of gibberellin and auxin in ‘Dellaware’ grape ovary development in vitro.
 Journal of the Japanese Society for Horticultural Science (Shuji Shiozaki,Yoshihito Ueda,Tsuneo Ogata,Shousaku Horiuchi,Kenji Kawase) 63/4, 703-710 1995 (学術雑誌)

ブドウ無核品種の無核果形成と内生植物ホルモンとの関係
 園芸学会雑誌 (王近衛,堀内昭作,尾形凡生,松井弘之) 62/1, 9-14 1993 (学術雑誌)

モモ、ネクタリン及びスモモの無機養分吸収に及ぼす各種の台木の影響
 園芸学会雑誌 (尾形凡生,片岡郁雄,杉浦明,苫名孝) 57/4, 608-614 1989 (学術雑誌)

■ 研究業績(著書)
果樹台木の特性と利用(1995)
 出版社:社団法人農山漁村文化協会

日本ブドウ学(1996)
 出版社:株式会社養賢堂

丸善食品総合辞典(1998)
 出版社:丸善株式会社

応用植物科学実験(2000)
 出版社:株式会社養賢堂

応用植物科学栽培実習マニュアル(2000)
 出版社:株式会社養賢堂

果実の辞典(2008)
 出版社:朝倉書店

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る