■ 氏名
古宮 淳一 (フルミヤ ジュンイチ)
FURUMIYA Junichi

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Medical Sciences Cluster, Cooperation Medicine Unit/Professor
教育研究部 医療学系 連携医学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Medical School, Medical Course, Department of Legal Medicine
医学部 医学科 法医学

■ 連絡先
住 所高知県南国市岡豊町小蓮
電 話088-880-2419
F A X088-880-2420
E-Mailfurumiya●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等

■ 出身学校・専攻等

■ 取得学位
博士(医学) ()

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本犯罪学会
 ( 国内)
日本アルコール・薬物医学会
 ( 国内)
日本法医学会
 ( 国内)
日本中毒学会
 ( 国内)
日本DNA多型学会
 ( 国内)

■ 専門分野
法医学、法医病態生理学、法アルコール学、法ニコチン学

■ 主な研究テーマ・活動
研究テーマ
1:妊娠中の飲酒および喫煙が次世代におよぼす影響
2:内因性および外来性ストレスマーカーの探索による自殺予防学的研究
3:心肺蘇生法による心拍再開に及ぼす飲酒および他の薬毒物の影響
4:水中死体におけるエタノールの死後産生および死後拡散

■ 研究についてのPR
1:習慣性中毒物質としてよく知られているアルコールやニコチンは人体に様々な影響を及ぼす。特に、妊婦の飲酒や喫煙は次世代の中枢神経に様々な影響を及ぼすことが知られている。我々は、自殺者の背景にしばしば存在する「うつ病」や他の精神疾患発症と胎児期のアルコールおよびニコチン曝露との関係について検討している。
2:本邦の年間自殺者数は3万人を超えており、大きな社会問題となっている。我々は、自殺者剖検例の内因性ストレスマーカー(クロモグラニンAなど)および外来性ストレスマーカー(喫煙由来のニコチンなど)を分析し、自殺予防への応用展開に向けた研究を行っている。
3:近年、自動式体外除細動器(AED)の普及により、心肺停止患者の生存率は向上しているものの、依然としてそれは低水準である。我々は、停止した心臓を再び拍動させる際に、飲酒由来のアルコールや他の薬毒物が心拍再開に悪影響を及ぼすか否かについて検討している。
4:腐敗した遺体では死後にアルコールが産生されるため、飲酒の有無の鑑別判断が必要となる。我々は、水中死体の筋肉中で産生されるエタノールの経時変化について研究している。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
法医学におけるアルコールおよびニコチン分析の意義

■ 研究業績(論文・解説)
自殺者におけるニコチン代謝酵素CYP2A6の遺伝子多型解析
 DNA多型 (中西祥徳,西村拡起,古宮淳一) 25/, 167-171 2017 ()

睡眠改善薬ドリエル?を多量服用後入水自殺を図った一剖検例ーOTC薬としてのジフェンヒドラミンの危険性ー
 法医学の実際と研究 (西村拡起,古宮淳一) 59/, 29-34 2016 ()

A descriptive study of elderly patients with dementia who died wandering outdoors in Kochi Prefecture, Japan
 Am J Alzheimers Dis Other Demen (Furumiya J, Hashimoto Y) 30/3, 307-312 2015 () 10.1177/1533317514545826

自殺者の多量喫煙傾向とCYP2A6遺伝子多型
 法医学の実際と研究 (中西祥徳,古宮淳一,西村拡起,橋本良明) 57/, 35-40 2014 ()

自転車が関与した死亡事故18例の社会医学的および外傷学的解析
 法医学の実際と研究 (古宮淳一,西村拡起,中西祥徳,橋本良明) 56/, 175-179 2013 ()

新生児および乳幼児剖検例のニコチン分析
 日本小児禁煙研究会雑誌 (西村拡起,古宮淳一,橋本良明) 3/, 56-62 2013 ()

自転車走行中の田んぼへの転落により脊髄損傷をおこした一剖検例
 法医学の実際と研究 (西村拡起,古宮淳一,中西祥徳,橋本良明) 55/, 43-49 2012 ()

ゾルピデムによる異常行動が疑われた転落事故死の一例
 法医学の実際と研究 (西村拡起,古宮淳一,中西祥徳,橋本良明) 54/, 215-218 2011 ()

丸鋸盤作業中に高速飛散した槍形折損木材による腹部刺創の一例
 法医学の実際と研究 (古宮淳一,西村拡起,中西祥徳,橋本良明) 54/, 211-214 2011 ()

乳幼児剖検例におけるニコチン分析とその社会医学的意義
 日本アルコール・薬物医学会雑誌 (西村拡起,古宮淳一,中西祥徳,橋本良明) 46/, 446-453 2011 ()

Postmortem endogenous ethanol production and diffusion from the lung due to aspiration of wood chip dust in the work place
 Leg Med (Tokyo) (Furumiya J, Nishimura H, Nakanishi A, Hashimoto Y) 13/, 210-212 2011 () 10.1016/j.legalmed.2011.04.004

Effects of ethanol exposure on spatial learning in mice during synaptogenesis
 Jpn J Alcohol & Drug Dependence (Furumiya J, Hashimoto Y) 46/, 250-259 2011 ()

ダイナマイト自殺の一例:爆発時高圧波動の血管内血液伝播による末梢組織出血
 法医学の実際と研究 (古宮淳一,西村拡起,中西祥徳,橋本良明) 53/, 33-37 2010 ()

多剤服用中毒死の1例:検死時の推定薬物と分析時の検出薬物における種類の乖離
 法医学の実際と研究 (西村拡起,古宮淳一,中西祥徳,橋本良明) 53/, 27-31 2010 ()

銃器損傷死14例の外傷学的解析
 法医学の実際と研究 (古宮淳一,西村拡起,中西祥徳,橋本良明) 53/, 21-26 2010 ()

家屋火災剖検例における喫煙と飲酒調査‐火災危険因子との係わり?
 法医学の実際と研究 (西村拡起,古宮淳一,中西祥徳,橋本良明) 52/, 181-185 2009 ()

Otitis media observed in unexpected natural death of infants
 Leg Med (Tokyo) (Hashimoto Y, Furumiya J) 11/, S121-S123 2009 () 10.1016/j.legalmed.2009.01.023

Toothpaste artifact of the spinal cord observed in a victim of traffic accident who died of pulmonary thrombotic embolism after laminectomy
 Leg Med (Tokyo) (Hashimoto Y, Furumiya J) 11/, S523-S525 2009 () 10.1016/j.legalmed.2009.01.104

Forensic implication of muscle level of nicotine in an adipocere body found in the sea
 Leg Med (Tokyo) (Nishimura H, Furumiya J, Nakanishi A, Hashimoto Y) 11/, S565-S567 2009 () 10.1016/j.legalmed.2009.01.009

Chin-sternum-heart syndrome type of injury observed in a pedestrian victim of car traffic accident
 Leg Med (Tokyo) (Furumiya J, Nishimura H, Nakanishi A, Hashimoto Y) 11/, S553-S554 2009 () 10.1016/j.legalmed.2009.01.040

鋼鉄製ワイヤーロープの衝突による労働災害死の一例
 法医学の実際と研究 (古宮淳一,橋本良明) 51/, 39-43 2008 ()

Tissue and body fluid distribution of lidocaine and monoethylglycinexylidide in critical care patients who survived for various periods
 Forensic Toxicol (Moriya F, Furumiya J, Hashimoto Y) 25/, 55-61 2007 () 10.1007/s11419-007-0027-5

A fatal case of poisoning by fenitrothion without evidence of chemical exposure
 Forensic Toxicol (Moriya F, Furumiya J, Hashimoto Y) 25/, 45-48 2007 () 10.1007/s11419-007-0025-7

交通事故後に腹部大動脈の急性血栓性閉塞を来たした一例
 法医学の実際と研究 (古宮淳一,守屋文夫,橋本良明) 50/, 211-215 2007 ()

胎仔期のエタノール曝露が出生後のマウス肝Adh 1およびCyp2e1 mRNA発現に及ぼす影響
 アルコールと医学生物学 (中西祥徳,守屋文夫,古宮淳一,西村拡起,橋本良明) 27/, 75-78 2007 ()

中枢神経発達期のエタノール曝露がマウス空間認識能に及ぼす影響
 アルコールと医学生物学 (古宮淳一,守屋文夫,中西祥徳,西村拡起,橋本良明) 27/, 44023 2007 ()

Forensic aspects of complications from cardiopulmonary resuscitation
 Leg Med (Tokyo) (Hashimoto Y, Moriya F, Furumiya J) 9/, 94-99 2007 () 10.1016/j.legalmed.2006.11.008

Nicotine and cotinine levels in body fluids of smokers who committed suicide
 Forensic Sci Int (Moriya F, Hashimoto Y, Furumiya J) 168/, 102-105 2007 () 10.1016/j.forsciint.2006.06.049

急性ヒ素中毒死の一例
 法医学の実際と研究 (古宮淳一,守屋文夫,橋本良明) 49/, 27-31 2006 ()

喫煙習慣を有する自殺者のニコチンとコチニンの体液中濃度
 日本アルコール・薬物医学会雑誌 (守屋文夫,古宮淳一,橋本良明) 41/, 504-512 2006 ()

Effects of drinking and smoking on endogenous levels of urinary γ-hydroxybutyric acid, a preliminary study
 Leg Med (Tokyo) (Moriya F, Nishimura H, Furumiya J, Hashimoto Y) 8/, 231-234 2006 () 10.1016/j.legalmed.2006.05.001

クレゾール服用者の一剖検例
 法医学の実際と研究 (古宮淳一,守屋文夫,橋本良明) 48/, 191-196 2005 ()

覚せい剤静脈内投与によるくも膜下出血死の1例
 法医学の実際と研究 (守屋文夫,古宮淳一,橋本良明) 48/, 185-190 2005 ()

高齢者の家屋火災死 -その社会的側面と個体的側面-
 法医学の実際と研究 (守屋文夫,古宮淳一,橋本良明) 48/, 253-259 2005 ()

Effects of perimortem physical factors associated with death on exogenous ethanol concentrations in cardiac blood
 Leg Med (Tokyo) (Moriya F, Hashimoto Y, Furumiya J, Nishioka S) 7/, 213-216 2005 () 10.1016/j.legalmed.2005.03.003

ビオチン標識タイラマイドを用いた免疫組織化学法による爪からのABO式血液型検出
 法科学技術 (西岡幸恵,守屋文夫,古宮淳一,高橋直子,中西祥徳,橋本良明) 10/, 83-86 2005 () 10.3408/jafst.10.83

高感度免疫組織化学法による熱変性筋肉組織からのABO式血液型検出
 法医学の実際と研究 (古宮淳一,守屋文夫,西岡幸恵,高橋直子,中西祥徳,橋本良明) 47/, 53-57 2004 ()

高度に腐敗した2遺体の身元確認を目的とした同胞鑑定例
 法医学の実際と研究 (中西祥徳,守屋文夫,古宮淳一,西岡幸恵,橋本良明) 46/, 169-173 2003 ()

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る