■ 氏名
古宮 淳一 (フルミヤ ジュンイチ)
FURUMIYA Junichi

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Medical Sciences Cluster, Cooperation Medicine Unit/Professor
教育研究部 医療学系 連携医学部門/教授

■ 学部・学科・コース等
Medical School, Medical Course, Department of Legal Medicine
医学部 医学科 法医学

■ 連絡先
住 所高知県南国市岡豊町小蓮
電 話088-880-2419
F A X088-880-2420
E-Mailfurumiya●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 出身大学院・研究科等

■ 出身学校・専攻等

■ 取得学位

■ 研究職歴

■ 委員歴・役員歴

■ 受賞学術賞

■ 所属学会
日本犯罪学会
 ( 国内)
日本アルコール・薬物医学会
 ( 国内)
日本法医学会
 ( 国内)
日本中毒学会
 ( 国内)
日本DNA多型学会
 ( 国内)

■ 専門分野
法医学、法医病態生理学、法アルコール学、法ニコチン学

■ 主な研究テーマ・活動
研究テーマ
1:妊娠中の飲酒および喫煙が次世代におよぼす影響
2:内因性および外来性ストレスマーカーの探索による自殺予防学的研究
3:心肺蘇生法による心拍再開に及ぼす飲酒および他の薬毒物の影響
4:水中死体におけるエタノールの死後産生および死後拡散

■ 研究についてのPR
1:習慣性中毒物質としてよく知られているアルコールやニコチンは人体に様々な影響を及ぼす。特に、妊婦の飲酒や喫煙は次世代の中枢神経に様々な影響を及ぼすことが知られている。我々は、自殺者の背景にしばしば存在する「うつ病」や他の精神疾患発症と胎児期のアルコールおよびニコチン曝露との関係について検討している。
2:本邦の年間自殺者数は3万人を超えており、大きな社会問題となっている。我々は、自殺者剖検例の内因性ストレスマーカー(クロモグラニンAなど)および外来性ストレスマーカー(喫煙由来のニコチンなど)を分析し、自殺予防への応用展開に向けた研究を行っている。
3:近年、自動式体外除細動器(AED)の普及により、心肺停止患者の生存率は向上しているものの、依然としてそれは低水準である。我々は、停止した心臓を再び拍動させる際に、飲酒由来のアルコールや他の薬毒物が心拍再開に悪影響を及ぼすか否かについて検討している。
4:腐敗した遺体では死後にアルコールが産生されるため、飲酒の有無の鑑別判断が必要となる。我々は、水中死体の筋肉中で産生されるエタノールの経時変化について研究している。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
法医学におけるアルコールおよびニコチン分析の意義

■ 研究業績(論文・解説)

■ 研究業績(著書)

■ 研究業績(口頭・ポスター)

■ 研究業績(特許)

■ 研究業績(その他の活動)


前ページへ戻る