■ 氏名
是永 正敬 (コレナガ マサタカ)
KORENAGA Masataka

■ 所属部局/職名
Research and Education Faculty, Medical Sciences Cluster, Cooperation Medicine Unit/Associate Professor
教育研究部 医療学系 連携医学部門/准教授

■ 学部・学科・コース等
Medical School, Medical Course, Department of Parasitology
医学部 医学科 寄生虫学

■ 連絡先
住 所
電 話088-880-2414
F A X
E-Mailkorenaga●kochi-u.ac.jp    (送信の際は“●”を半角の“@”に変更して送信してください。)
U R L

■ 卒業大学及び大学院等
九州大学理学部生物学科卒業
九州大学大学院理学研究科修了

■ 学位(種類)
医学博士(熊本大学)

■ 所属学会
日本寄生虫学会、日本熱帯医学会、日本免疫学会、フランス寄生虫学会

■ 専門分野
寄生虫学

■ 主な研究テーマ・活動
寄生虫感染免疫、感染防御機構の解析、寄生虫症の血清学的検査

■ 研究についてのPR
 寄生虫感染における宿主の防御反応を研究しています。寄生虫に対する免疫反応はアレルギ−と共通のものがあり、喘息などのアレルギ−反応を理解するうえでも興味深い情報を提供しています。発展途上国で蔓延している寄生虫病・原虫病の研究も行っています。このような分野に興味のある学生の研究室訪問を歓迎します。

■ 社会人・生徒を対象として可能な講演・授業(例えば講演題目)
「食物から感染する寄生虫病」「21世紀の地球にすむ65億人−貧困と寄生虫感染症」など

■ 研究業績
1.Impaired protective immunity and Th2 responses in alyphoplasia (aly) mutant mice infected with Trichinella spiralis., , Korenaga et al., Immunology, 102, 218-224, 2001

2.Resistance and susceptibility to filarial infection with Litomosoides sigmodontis are associated with early differences in parasite development and in localized immune reactions. Babayan et al.,  Infection and Immunity, 71, 6820-6829, 2003

3.小腸粘膜免疫解析モデルとしての旋毛虫感染マウス.是永正敬。治療学、37(6)、38、2003

4.Increased early local immune responses and altered worm development in high-dose infections of mice susceptible to the filaria Litomosoides sigmodontis. Babayan et al., Med. Microbiol. Immunol. 194, 151-162, 2005

5.Are cytochrome b gene sequencing and polymorphism-specific polymerase chain reaction as reliable as multilocus enzyme electrophoresis for identifying Leishmania spp. from Argentina? , Marco et al., Am. J. Trop. Med. Hyg. 75 (2), 256-260, 2006

6.寄生虫を迎え撃つ好酸球ーー旋毛虫感染モデルにおける動態。是永正敬。別冊・医学のあゆみ「現代寄生虫病事情」多田功編。98-103, 2006

7.A trial of immunotherapy against Leishmania amazonensis infection in vitro and in vivo with Z-100, a polysaccharide obtained from Mycobacterium tuberculosis, alone or combined with meglumine antimonate. Barroso et al., J. Antimicrobial Chemotherapy, 59, 1123-1129

8.Eosinophils and Trichinella infection: toxic for the parasite and the host? Bruschi et al., Trends in Parasitology. doi: 10.1016/j.pt.2008.07.001


前ページへ戻る